ADHDだからか仕事ができない・・一体どうすればいいのか?

ハウツー・ノウハウ
この記事は約8分で読めます。

こんにちは 🙂

コピーライターの檀浦です

 

私も会社員時代仕事ができるとは言えない奴だったので

偉そうに言えませんが、

実際に試した工夫や思考法で何度か至難を乗り越えてきたので

あなたにシェアします♪

 

 

さて、本題ですが

ADHDだからか仕事ができない・・一体どうすればいいのか?

て感じで自分がもしかしたらADHDかもしれないと

わずかにでも疑っている人は当記事を読んでみてください♪

 

項目はざっと下の感じです

  • 常識が分からないときの対処法
  • 指導者の指示が理解不能なときの対象法
  • 同じミスを繰り返すときの対処法
  • 自分はなんてダメなんだと思う原因と対策

 

正直なるべく精神的努力での解決は望んでいませんよね?

 

はっきりいって

大事なのは才能<努力<工夫だと私は思います

 

adhdだから?仕事上での常識が分からない・・どうすれば?

ずばり『アプリ』で無料でゲーム感覚で覚えるのが

一番です

 

会社日常マナー編
来客対応マナー編
電話対応マナー編
他社訪問マナー編
冠婚葬祭マナー編
お付き合いマナー編
携帯電話・Eメール・FAXマナー編

などどこからも習えない常識を楽しく学べます。

 

特に深く考えず、

正解の行動をマニュアル通りに実行すれば

周りにとやかく言われずに済みますね(;^_^A

 

注意:社会の常識=企業の常識とは言えないのであなたの会社内で最も優秀な人のやり方を真似するのが無難です

私が心がけていたこと【あいさつ&報連相編】

✅あいさつはシンプルに4つだけで充分です

  • おはようございます
  • すいませんでした
  • お先に失礼します
  • ありがとうございます

★すいません<ありがとうございますを多めに使う

 

*私のために親身に注意してくれてありがとうございます

↑すいませんと言われるよりも育てがいを感じてもらえる♪

 

感謝されて悪い気になる人はいないから

 

報連相のタイミング

 

報告:通常業務と違うことが起きた時

連絡:緊急or自分で考えて100%自信がない時

相談:仕事完了後/キャリアアドバイザーや上司、発達障害支援センターなどへ

 

報連相のタイミングって分からないですよね~

会社員の場合は自信がない時はうざいほど連絡した方が無難です(笑)

 

adhdだから?仕事中、相手からの指示が理解できない・・どうすれば?

no image

私と同じアスペルガーも併発している人にとっては

『抽象的なこと』&『パターン化できないこと』

理解するのは難しいです(;^_^A

 

対策1.『5W1H法』で具体的な指示をもらう

なので頭を下げて

『5W1H法』でノートに書き込みしてもらうか

ゆっくり指示してもらうのがベストです

 

WHAT:何を
WHERE:どこへ
WHEN:いつまでに
WHICH:どっちを
WHY:どういう理由で
HOW:どういう手順で、どうやって

 

*早口で要点の掴めない話し方をしてくる指導者には

5W1Hで対応を求めると何回も質問をして『ムッ』とされずに

済みますよ♪

 

読書で人物関係や指示語の理解を早める

本を読んでいて途中で

「あれ」や「〇〇さん」という代名詞や登場人物が

何を指しているのか?

誰を指しているのか?

 

分からない・・なんてことはないですか?

 

読書の指示語も仕事場での指示も

ストーリーの汲み取りができれば理解できると考えられます

 

なので

本の中の登場人物の関係図や指示語が何を示しているか

考えながら読むと理解力が高まります

 

そこで読書をして実際に関係図を書いて

構図をつくると内容が把握しやすいです

 

  • 登場人物の関係図のマップ化
  • 指示語が何を指しているのかの明確化(国語のテストのような)

 

頭での処理能力が高まれば

先輩や上司の指示の意味がすぅ~と頭に入ってきやすくなり、

何度も質問をしなくなりますよ♪

 

*あくまで参考までにしてください💦

 

 

adhdだから?仕事中同じミスをしてしまう・・どうすれば?

同じミスをしてしまう理由は『自分のやり方へのこだわりが強い』からです

 

どんなに怒鳴られて落ち込んだとしても

”潜在意識”では『私のやり方に間違いはない。今回はたまたまだ』と

言い聞かせています

 

自己防衛本能が働いてしまい、

自分を正当化してしまうんですよね💦

 

私も若干こだわりが強いのでありがちです

 

そこでオススメの方法が

『ミスしたことと対策をスマホの待ち受けにする』です

⇒同じミスがなくなるまで

 

例えば下の写真のように(例です)

プライドが捨てられない以外の理由で

シンプルに無意識のうちに同じ行動をとってしまうという理由もあります。

 

無意識を叩き起こし、ミスを気づかせてくれるのに

いつも肌身離さず持っているスマホの待ち受けはうってつけの対策です(笑)

 

理想とのギャップに酷く落ち込む・・どうすれば?答えは簡単♪

★他人と比べないこと

★無理だと思い込まないこと

★複雑に物事をとらえないこと

↑思考法が変わるだけで問題は軽くなり、精神への負担がなくなります

 

★他人と比べないこと

比べるべきは『過去の自分』であって【他人】ではない

 

ADHDの私たちは間近で毎日のように

仕事ができる社員をみて「自分は何で〇〇さんみたいに要領よくないんだろう」と

ネガティブに考えがちです。

 

他人は他人、私は私と

完全に切り離して考えてみてください。

 

必ず入社時よりまともになった作業があるはずです

 

上を見すぎると絶望するので

自分より一歩前を進んでいる人を模倣すれば

気持ちに無理なくビジネスマンとして成長できます

 

★無理だと思い込まないこと

社会の常識は『規則ではなく、ただの刷り込み』です

 

アインシュタインによると

【常識とは18歳までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない】

提唱しています

 

親や友人や上司のいう

【お前にはフリーランスは無理だからやめておけ】

【本当に非常識だな。社会人の恥だな】

などは気にしなくてもいいです

 

つまり、

レールの上を歩くことこそ正義という考えをもった人の

古いしきたりのようなものです

 

 

世の中の成功者は

周りが無理だと認識していることにもチャレンジして

9割失敗してもいいから1勝すればいいとスタンスの人が多いです

 

無理かどうかはチェレンジしてからの話ですね

 

★複雑に物事をとらえないこと

何事もシンプルに考えると楽になれます。

 

職場では

どんな仕事も最初は覚えることも多く、

時間配分や要領も分からないので難しく感じますが、

 

時が経てば、基本同じ毎日のルーティンワークです(笑)

 

マニュアルやテンプレがあるので

1つ1つ細分化してクリアしていけばOKです

 

例えば、

Twitter でフォロワーを1万人目指すと目標を掲げたとします。

 

色々テクニックが多く、複雑に感じますが、

 

ざっくりやることは朝・昼・夕・晩に

  • 有益な情報をツイートする
  • いいねをする
  • コメントをする
  • リツイートする
  • 企画に参加する、企画を開催する

です

 

いきなり1万を目指さず、

100→500→1000→5000→10000

みたくちょっと頑張れば届きそうな目標設定をする

 

と理想と現実のギャップに襲われず、

実現まで継続して行動できるのではないでしょうか?

 

まとめ ADHDは仕事をする上でどうすればいいか

  • 常識はアプリを使って楽しく学び、実践してみる
  • あいさつは『ありがとうございます』が一番肝心
  • 報連相のタイミングは明確に
  • 先輩の指示が理解できないなら5W1Hで具体的な指示をもらう
  • 読書で理解力や読解力を高め、仕事に反映する
  • 同じ過ちを繰り返すならスマホのメモ帳を待ち受けにして思い出す
  • 他人と比べ落ち込まず、目標にしてみる
  • 無理だと判断するのは他人の意見より行動の結果から決めるべし
  • 複雑に物事を考えると何もできなくなるのでシンプルに考えよう

 

どうすれば=抽象的

なので

具体的にシンプルにを心がければ万事解決です

 

 

コピーライター

檀浦

 

ADHDお仕事塾へ戻る

タイトルとURLをコピーしました