adhdの私が約1か月でまともな文章が書けるようになった秘訣

在宅・フリーランス関係
この記事は約9分で読めます。

こんにちは。

コピーライターの檀浦です。

 

よくadhdの人にある悩みで以下のようなものがあります。

  • 文章にまとまりがなく、つい長文になってしまう
  • 結局何が言いたかったのかわからないと言われる
  • 分かりづらい、読みづらいと言われる

以前私もそうでした。

 

でも現在は

一部のユーザーから当サイトを見て

「本当にadhdなんですか?adhdをよく調べている一般人が書いてるのかと思った。」と

疑われるレベルになりました💦

 

以前の私は

つい自分本位な意見を全面に出し、

とにかく自分の主張したいことを盛り込みすぎてしまう人間でした。

 

でも、

書いてる本人(私)に悪気はない状態でした(笑)

 

どんなにアピールしても就活の書類選考では即落とされる・・

どんなに意見を主張しても「ん?どういう意味?」と言われる・・

 

そんな残念な私も「コピーライティングの勉強」をして

相手が読みやすいまともな文章がかけるようになり、

自分の”伝える力”が強化されたので

 

adhdのあなたに伝授して

ライター業を目指すきっかけを作れたらと思います♪

 

また

伝わる文章が使えるようになれば論理的思考力が身に付き、

 

メールや資料作り、プレゼンや就活での自己PRにも

説得力が増し、社会人として他者から認められやすくなります。

 

「あ~、お前が言いたいことがやっと分かった」

「なるほどね、よく考えているじゃないか。見直したわ」

と褒められる機会も増えます(笑)

 

今回の記事では

◎どうすれば相手に伝わりやすくなる文章が

書けるようになるか

に注力して文章を書くときのコツを伝授していきます

 

檀浦
檀浦

コツを掴めば

 

1つずつ解決策を提示していきます♪

 

adhdの人が書く文章はなぜまとまりがなくなってしまうのか?

原因はずばり『考えながら文章を書いている』からです。

 

対策としては

『先に構成をすべて考えノートに記入し、ノートや資料を見ながら

構成に沿って執筆していけば軸がブレず、すっきりした文章になります』

 

Web上で書いていく記事の大まかな構成は

以下のようになります

 

*見出しは3~4つほどあれば十分なボリュームになります

以上のように主張する事柄をノートにまとめてから

ライティングへと移ってください。

 

今、

当記事もノートを見ながら書いています(笑)

 

まとまりのない文章になる原因として

adhdでなくても人は文章を書くとき、

途中で進路変更をしてしまいます。

 

つい1時間前までは「〇〇について書こう。」と思っていても

「やっぱり✖✖について書いてほうが有益かな?」とふと思い、

記事やレターで書く内容を急遽変更したりします。

 

↑進路変更をするとどうなるか?

 

前半で言っていた主張と後半の主張に食い違いがでてきます。

 

なので、

書き手も読者も「あれ?何が言いたかったんだっけ?」みたいな

反応になってしまうんですね💦

 

なぜadhdの書く文章は相手に伝わらない文章になってしまうのか?

原因は『特定の相手に読んでもらうことを意識して書いていないこと』

『相手の立場になって物事を考えていないから』です。

 

実は私も苦手です(笑)

自分が実体験した経験からでしか共感ができず、

相手の手間や痛みが想像できません 🙁

 

対策としては

ライティングの読者設定は『過去のあなた』がいいかと思われます。

過去の自分に対してアドバイスをし、悩みを解決してあげる文章を書く

 

そして、

相手が読むときのことを意識して以下の項目を

最低限守ったほうがいいです(;^_^A

 

1.読みやすいように改行をする(3行に1回)
2.主語や述語を登場させる
3.なるべく1文が長くならないように切る

ですね♪以上だけでもかなり読む人の負担が減ります。

 

 

以前は

誰でもいいから私の主張を分かってほしいと長文で

PRを羅列していました。

 

特に書類選考に送る職務経歴書は文章がびっしりなんてことも・・

 

採用担当者である人事からしたら

 

上司
採用担当

「うわっ、読みづらいな。全く相手のことを考えてない文章だ。

こんなやつはわが社にはいらん」

思われ即失格の判決を下されていたことでしょう。

 

相手に伝わらない以前に読んでもらえてない可能性があります

 

常に客観的に見て

自分の文章を分析する習慣を心がけると

相手に主張が通りやすくなります

 

なぜadhdの人が文章を書き始めると長文になってしまうのか?

原因は『抽象的で具体性に欠けるから』です

つまり、自分でも何が言いたいのか明確でない状態です

 

 

よくお悩みサイトで見られる質問で

 

  • 自分のこれまでの経験談
  • 自己分析による障害の特徴

を長々と語り、どうしたらいいですか?

 

という質問を多く見ます。

 

例の場合、

解答者も答えるのが難しく、

抽象的な精神論や投げやりな回答しか返せません。

 

抽象的な質問は相手の時間を奪うだけでなく、

自分も欲しい解答を得られないケースが多いです

 

ならばどうしたらいいか?

 

解決法としては

『自分でGoogleで検索、あるいはyoutubeで解決法を探し、

本当に謎が解けなかったら具体的な質問を用意して手短に質問する』

↑ベストな方法だと思います

 

檀浦
檀浦

ある程度自分で調べている努力と

答えやすい質問をしてくれる配慮が垣間見えて

 

教える側も「教えがいあるな~」という高評価につながり、

必要以上に親身になって教えてくれるようになります

 

文章を書いてみたが自信がない!?添削チェック項目はこれだ

本題の自分でできる添削チェックリストです

 

全て書き終わった後に項目に従い、

リライトしてみてください!!

★年収1000万以上を稼ぐコピーライターに教えてもらった添削リストです

 

〇記事構成が以下の流れになっていて論理的か

結論→理由→具体例・事例→結論・まとめ

 

〇専門用語や漢字を多用していないか

*使う場合、意味を説明する

 

〇1文が長すぎていないか

 

〇主語や述語・目的語を省略していないか

 

〇具体的な表現ができているか

 

〇改行して見やすくなっているか

 

〇文中に読者が共感できるポイントはあるか

 

〇冒頭で興味を引けているか

 

〇誤字脱字が多くないか

 

以上です

 

とりあえず一度文章を書いてみることが

手っ取り早いですが、

 

最初は全くの白紙に文章を書いて公開するのは

勇気が要ります。私もそうでした。

 

でも、安心してください。

 

Googleで上位表示されるまでは

ほとんど誰にも読まれません💦

 

何度でもリライト(書き直し)し、更新できます(笑)

 

 

記事を書き終わったあとに音読をすれば

何かしらミスを発見しやすく、

構成に違和感を感じてリライトすべき場所が浮き彫りになるので

オススメです

 

自分の文章に自信がないなら使うべきサービス

 

檀浦
檀浦

もし、自分で添削しても自信がないなら

【文賢】を利用して読みやすい文章を習得するのも悪くないよ。

 

自分の想像してない言葉の言い回しなんかを

教えてもらって飛躍的に文章力が高まるからね♪

 

■文賢をオススメしたい人

  • 少しでも読みやすく、わかりやすい文章を書きたい方
  • 文章の「添削」に時間がかかっている方
  • 「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方 
  • FacebookやTwitterなどのSNSによく文章を投稿している方
翔太

正直、僕は自分の書く文章に自信がなかったけど、

 

文章表現機能のおかげで、

自分が今まで使ったことがない言い回しに出会えるのが楽しい。

 

以前より、表現豊かな記事が書けるようになりました

 

 

檀浦
檀浦

たいがいライティング初心者は

最初につまづくから一ヵ月のみ利用してみるのもありです。

文章作成アドバイスツール【文賢】
 =オンラインの文章作成マニュアル&

 メールでの質問受付無料

 

 

「まとめ」adhdのあなたが文章を上達させライターになるには

いかがでしたか?

 

adhdにライターが向いてる仕事であると

当サイトでは言っていますが、

正直自信ないという方がほとんどだと思います。

 

また

Webライターとコピーライターの違いは何?とよくいわれます。

 

答えとしては

webライター:情報をまとめ「知ってもらうため」の文章を書く仕事
コピーライター:人の心理を知り、「訴えかけるため」の文章を書く仕事

です。

 

Webライターに向いてる人は『情報の取捨選択ができ、まとめるのが上手い人』
コピーライターに向いてる人は『人の感情に敏感で何か伝えたいことがある人』

ですかね♪

 

どちらも内向的で口頭よりも手でしゃべるほうが得意な人だと言えます。

 

なので、

ライティングをしていく上で”相手に伝える”文章を書くには

以下のことを意識してほしいと願います

 

  • 記事は構成を考えてから書き出すと楽
  • テンプレに沿って書けばいいので迷う必要なし
  • 最初の読者設定は過去の自分がベストかも
  • 書き終えたら添削してみる
  • 音読してみるとミスを発見しやすい

 

 

ぜひ伝える力をきわめて

あなたの主張がたやすく通る現実に変えてください(笑)

 

では

長々とありがとうございました。

 

コピーライター

檀浦

 

 

 

HOMEに戻る

タイトルとURLをコピーしました