プロフィール

この記事は約10分で読めます。

はじめまして

『私、

コピーライターの檀浦といいます』

 

軽度のADHDとASDを患っています。

 

とはいえ、

12年間の自己啓発とコピーライティングとの出会いによる

論理的な思考法を手に入れて

わりと一般人に近いレベルまで仕事ができるようになりました。

 

写楽

現在は

私が紹介している17種の仕事の中でも

主にビジネスアニメ制作を中心に活動し、

サイトの運用(SEO)をしたり、

メルマガ、セールスレターを書いたりしています。

 

以前私は多動性と衝動性を活かし、

adhdの自分には一体どんな仕事が向いてるのだろう・・と

自己分析したうえで

とにかく気になる仕事には何にでも手を出しました。

 

例えば、

adhdに向いてる仕事で検索して

以下のような仕事に挑戦してきました。

 

  • Webデザイナー⇒photoshopとillustlaterの使用感が合わず、辞める
  • HP/LP制作⇒プログラミング言語を黙々と打ち込む作業に飽きが来る(笑)
  • リスティング広告/SNS広告⇒数字を追うことが苦手で辞める
  • DM制作⇒マーケティングが得意な人が成果を出しやすいので性格に合わず
  • 文章添削⇒誤字脱字よくあるので添削側に向いてないと思い知る(笑)

 

などなどとにかく挑戦し、自分との整合性を確認しました。

 

また

現役の人から聞いて挑戦を断念した仕事は以下の通りです

  • レビュー記事制作⇒トレンド好きで好奇心旺盛の人向き(トレンドアフィリエイト)
  • 動画制作⇒顔出し、声出しが大丈夫な人。映像クリエイター向き
  • コンサルタント⇒論理的思考力があり、書くより話す方が得意
  • バーチャルコーチ⇒指導経験、誰かにアドバイスをした経験、人助けが得意な人が合ってる
  • デュアルブランディング⇒いつか挑戦したいけど、初期投資が高いから延期

↑いずれ挑戦するかもですが、こんな感じ(笑)

 

正直

adhdだからといって皆が皆同じように

向いてる分野が似通っていることはないと思います。(笑)

経験や性格は皆バラバラなので(;^ω^)

 

だからこそ

私が紹介しているクリエイティブな仕事に

あなたには勇気をもってとりあえず手を出してみて

自分に合うかどうか見定めてもらいたいと考えています。

(約1~2週間トライしてみて)

 

通常の転職と違い、

会社勤めではないので

仕事が合わなければすぐに辞めて

他の仕事に移行すればOKです♪

 

そこで

自分に向いてる仕事かどうか見極めるポイントを

ちょっと紹介します

 

・1、2時間以上時間を忘れるほど集中できる(adhdなのに)
・一度挫折しても何故だかまたやりたくなってしまう
・自己判断ではなく、第3者に作品や文章について良い評価をされる(クライアント案件でやるべき仕事)

 

あなたにも必ずフィットする仕事が見つかるでしょう

 

 

檀浦
檀浦

ここで軽く私の過去のことについて話させてください

 

*興味のない方は退室されても結構です。 悲しいですが・・



↑アニメでも自己紹介させていただいています。活舌悪くてすいません💦

 

私は

学生時代から周りと自分がなにか違うという違和感をもって生活していました。

 

いつも授業中窓の外の空を見ながら妄想にふける。

(例:漫画のキャラを戦わせたり、冒険させたり 笑)

 

 

落ち着きがなく、意味もなくうろうろする。

まるで老人の徘徊の如く・・

 

一人勝手に行動をとる→集団行動ができないやつと判断され修学旅行では先生とペアにされる

 

平気で友人から借りたゲームソフトを失くす

(注)最低だけどわざとではないんだ 😥

 

傘を電車・コンビニ・店舗あらゆる場所に寄付・・

ではなく、置き忘れる・・累計50本以上達成(笑)

 

*最初は「絶対に忘れまい」と考えているが、

少しでも違うことを考えると記憶から抹消されている。。

 

そして、

話が少し脱線しますが、

ADHDに加え、トュレット症候群という変な癖も持っていました。

 

相手に言いたいことがすぐに言えず、

そのストレスを感じたときに咄嗟に「ファッ」と

甲高い声がしゃっくりのように出てしまう症状です

 

よく小学生時代はいじめられましたね 🙁

周りから変な目で見られ、肩身が狭かったです

 

 

それでも、

学生の頃は「不思議な奴、変わってるね」で済んでいました。

 

だから、これはキャラ(性格)なんだと納得していた。

けど、社会人になって思い知る。

 

 

ルールをきちんと守れない、

集団で行動できない協調性がない人は不必要な存在だと。

 

大事な書類を忘れる、備品を失くす人は

余計な仕事を増やすだけの足手まといであることを。

 

飲食店のアルバイトですら
仲間と連携できず、注文を捌けずお客様を待たせ激怒される

 

相手の意図する指示を理解していないうちから

「あ、はい。」が口癖で反射的に返答してしまう

 

もちろん

理解できていないのでミスをやらかし、

店長に「お前は返事だけだな!」

と激怒される。

 

結果、

店長「お前にはオーラがないからクビ!」

檀浦「はい(俺はサイヤ人になりたかった訳ではないのに)」

と意味不明な理由で解雇される

 

 

短期アルバイトでも

黙々と作業できる郵便物の仕分けでさえ

急かされたり荷物の種類や量が多くなると、

パニックになりミス・・ミスミス!!

 

 

その後、

製造職の正社員として奇跡的に就職できたのも束の間

不注意による機械の操作ミスで危うく大事故になりかけて叱咤を受ける 🙁

 

*私のミスで社内ルールが厳しくなり、

周りの社員から非難されるという結果を招くことに・・

 

それからは毎日

上司や先輩から怒られるのが嫌で、

仲間から白い目をされるのが嫌で
とにかく変わりたかった】仕事ができると周りから評価される自分に!!

人よりメモやノートをとり、毎月自己啓発文を書いては予め頭の中でシュミレーションをする!!

 

 

だが、

いざ現場に行くと

ミスへの恐怖で思うように動けず、

頭は働かず、

失敗をして叱咤を受けるという地獄のスパイラル 泣)

 

 

もう何を対策しても努力しても無意味なのではないか?

それでも、

 

こんな人生をあと何十年も続けなくては生きていけない

 

もう嫌だ、

こんな仕事に支配される人生は・・もうたくさんだ

 

そんな風に悩んでいるとき、ふとある考えが頭をよぎった

 

根本的に日本の働き方が

協調性を重んじる社会が自分には合っていないのではないかと

 

思い立ったら即行動したくなる私は

仕事を辞めて海外の働き方を体験するため

 

 

ワーキングホリデー】という俗にいうバックパッカースタイルで

旅をしながら働くという制度を利用して

ニュージーランドに行き、半年ほど滞在していました

 

 

そんな旅で出会ったフランスの友達デイビットに

お互いの自国の働き方について話をしていて衝撃を受けました。

 

フランスでは自営業が盛んで企業に勤めるというスタイルがあまりない。

好きな時に働き、

好きなときに休みをとり、

家族で旅行をする。

 

それでも、

生活できるだけの収入も得られるし国の制度もしっかりしているから安心。

 

 

羨ましいという気持ちと同時に

日本での働き方に疑問を持ち始めました。

 

朝から晩まで働いても

収入は生活をしていく分で手一杯、

それ以上は期待できない。

 

 

一度きりの人生の8割ほど

仕事に捧げて

いったい何が楽しくて生きてるのか・・

 

フランス人のような生活を実現できる術はないのか??

 

 

・・・・その術こそが

現職であるフリーランスで稼げる

『セールスコピーライター』という仕事です

 

パソコン1台あれば初期費用もかからず、

一人でどこにいてもいつでも好きな時に仕事ができる

自由度が高く、

リスクの低い仕事です

 

フリーランスでもうまくネットを活用すれば

青天井に稼ぐことができることが魅力です

 

おそらくYoutubeに次ぐ

ネットビジネスになっていくのではないでしょうか?
*もちろん努力は必要です。

 

巷に溢れる「コピペするだけで月10万」とかいう怪しい商売とは違います

そんな楽な仕事があるなら会社員なんて誰もやりません!!

 

私の知っているセールスコピーライターで成功している人にはある共通点が2つあります
1、過去に辛い経験、崖っぷちに追い込まれて奮闘した経験がある           *零細企業や中小企業、自営業出身が多いです
(事業を失敗して大きな借金を抱えていた者、企業に対する不信を抱く者、仕事ができずどこに行っても長続きしない者など)
2、プライベートを重視する、給料より自分の時間がほしい
(大切な恋人との時間を確保したい者、散歩や趣味に時間を割きたい者、旅をしながら仕事をしたい者)
あなたには当てはまりますか??

 

そしてなにより必要な能力は

継続してやり続ける習慣化の力】です。

才能や学力はいりません

 

 

なぜなら、

私立3流大学・文系出身フリーター上がりの

adhd持ちの私でさえできているのだから

 

 

私が感銘を受けた林修先生の言葉でこんな言葉があります

努力は裏切らないは不正確だ

『正しい場所で正しい方法で充分な量なされた努力は裏切らない』

 

 

 

『あなたにぴったりの仕事で

正しい方法で

必要な努力をすればあなたの生活も豊かになるでしょう』

 

*私もよく「どうせやったって」や「努力してるのに」

というセリフを口走り投げやりになるのですが、

 

だいたい結果を出せない原因は

方法が間違っていたり、努力といえる量に達していなかったり、

林先生の言葉で気づかされた要素が多かったです

 

絶望する権利や諦める権利は、

全ての方法を試し、充分な量の努力をこなした人のみに

与えられる権利なのかもしれません💦

 

adhdで悩んでいるあなたも

諦める前にもう一度自分に問いかけてみてください 😮

 

そうすれば

理想の自分を生活を手にするまでに心が折れずに済みますよ

 

あなたの夢は何ですか?

 

ちなみに私の夢はMINIのキャンピングカーを買い、

一人で日本を旅しつつパソコン1台で仕事をする日々です

 

 

もし、あなたがセールスコピーライターになったら

お互いに高めあえる同志として

ライバルとして付き合ってくれれば嬉しいですね!(笑)

 

 

 

長々と読んでいただき本当にありがとうございました。

目が疲れたでしょう?

ゆっくりアイマスクをして休んで下さい

 

では

コピーライター
檀浦 駿佑

 

HOMEに戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました