adhdの私と同じ不注意型に向いてる仕事なんてあるのか?ある!

adhdが向いてる仕事
この記事は約12分で読めます。

こんにちは。サイト運営者の檀浦です

 

当記事では私と同じadhdの中でも【不注意優勢型】に

向いてる仕事の紹介にフォーカスして執筆していきます。

 

では質問です

adhdの『不注意優勢型』に向いてる仕事なんてあると思いますか?
翔太

いや、ないでしょ?(笑)

あったら僕はこんなに仕事場で苦労してません。

 

失くしものも多いし、

ありえないケアレスミスが多いし、

向いてる仕事があったら教えてほしいくらいですよ・・

檀浦
檀浦

あります。今から説明します!!

 

それにadhdの【不注意型】は実は〇〇に向いてる特性なんだよね♪

 

不注意優勢型のあるあるには

以下の例がありますよね?

 

  • よく忘れ物はする
  • 集中力がなく、常に上の空(別のことで頭いっぱい)
  • 妄想が激しい
  • 興味がコロコロ移り変わる・・飽きっぽい

会社員であればミスをする人の典型例かもしれません。。

 

私もそうでした。

忘れ物・失くしものなんて今まで30年近く生きてきて

総数100は余裕で超えます(笑)

 

そんなダメダメなadhd不注意優勢型にも

少なからず向いてる仕事は存在します。

 

  • 正社員の場合
  • フリーランスなど自由業の場合

に分けて紹介していきますね。

 

加えて

私が実際に

バイト時代~正社員時代(約8年間)

ミスを減らすためにしていた工夫も紹介しますので参考になれば幸いです♪

 

adhdの不注意型に向いてる仕事!興味のある分野について教える仕事

正社員においては大学教員ですね♪

大学教員には変わった人が多くいませんでしたか?

 

マイペースというか

本当に取り扱う分野にたいして

詳しく楽しそうに授業をする先生が多かったです。

 

また生徒が授業を聞こうが聞くまいが

お構いなしに話を進めても問題ありません。

 

受験なども控えていなければ

生徒の自主性に委ねられているので

きちんと授業しとけば問題ないですからね💦

 

一方的にでも生徒に自分の得意分野について話ができ、

なおかつ安定した収入を得られる最高の仕事です。

 

ただもちろん就職に至るまでの

経緯は困難です。

 

最低限大学院をでて就活をして

助手という立場から教授を目指す長い道のりです。

 

ただ通常の転職と違い、

年齢に左右されにくいので希望を捨てるのは早計です

 

檀浦
檀浦

私が大学生のときに英語の教師をしていた

Y先生は30歳で大学教師になったといっていたし、

通常の就職より年齢的ハードルは低いかもしれないね

 

フリーランスにおいてはyoutubeがおススメです。

【ケース1】

Daigoさんのように

海外の研究結果をもとにカメラに向けてひたすら説得する動画を

youtubeにアップするケース

 

【ケース2】

東進ハイスクールのように

動画を通して授業をするケース

 

【ケース3】

オンラインスクールと評して動画コンテンツを作成し、

ブログやSNS,メルマガで売るスタイル

 

以上が最近の新たなマネタイズ(収益化)ですね♪

 

youtubeの場合は

最低でも50本は作成しないとチャンネル登録者数や視聴回数を増やせないと言われています。

 

 

また収益化される条件としては

チャンネル登録者数1000人以上
年間視聴時間4000時間以上

とされています。

 

とりあえず50本作って達成できなければ諦めると

いう方法もありかと思われます。

 

 

adhdの不注意型に向いてる仕事!テスト&検証を行う仕事

正社員においては研究職や商品開発職です。

基本的に

研究職と商品開発職は理系の仕事です。

 

その上最低でも大学院をでて実績を出していないと

就職は困難な仕事ですね💦

 

 

また最後まで研究を進められる資金力がある大企業にでも就職できないと

情熱を注いだ研究もあともう少しのところで

打ち切りなんて話もよく聞きます。(私の友人伝手で)

 

入社するのであれば大手の資金力のある企業に就職してください

 

フリーランスの場合、ブログやアフィリエイト、LPなどですね

私が紹介している仕事は

基本的にツールを使って

  • アクセス数
  • クリック率
  • 成約率

確認して記事のリライトを行います。

 

『なぜクリックされないのか?』
『なぜユーザーのサイト滞在時間が短いのか?』
『なぜこの見出しで離脱される確率が高いのか?』

など改善点を見つけ、文章を書きなおしたりします。

 

まさに文系の研究職と言えますね♪

 

 

檀浦
檀浦

報酬が発生する=

結果が出るには約3カ月~1年継続してからだと言われています。

 

 

大半の人が稼げないのは

センスではなく、諦めて継続しないからです。

 

初期投資も低く、参入しやすいので

オススメです。

 

ブログアフィリエイトで稼いでみたい人は

以下の記事で私と同じプロセスをたどってください♪

 

【初心者向け】adhdがブログで稼ぐための3ステップ【勉強編】

↑ブログにおけるライティングの基礎が身に付くプロセス

 

【初心者向け】adhdがブログで稼ぐための3ステップ【実践編】

↑ブログで稼ぐために最も大事なリサーチ方法が分かる

 

またLP制作に関しては以下の障害者専用サポートを受けて

確実にスキルを習得されるのが近道です

障害者専門のIT・Web就労支援サービス【atGPジョブトレIT・Web】
デザイン・コーディングなどが学べます

 

adhdの不注意型に向いてる仕事!決まったパターンのない仕事

正社員においては企画職・マーケティングです

 

★変わりゆく世の中のニーズの変化に順応して

 商品企画や販売戦略をコロコロ変えていく必要があります。

 

👇企画・マーケティングにおいてはリンクビーでも経験できます

職場定着率90%!発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

 

同じことの繰り返しではないので

adhdにとっては飽きがこず、

あなたのひらめきやアイデアが活かせる仕事でもあります

 

 

全く新しいものを世の中に提供するとなると、

腐るほど便利なものが溢れる世の中で最新のものを生み出すのは至難の業です。

 

adhdならではの

他者とは違う視点の持ち方を発揮すると

既存の商品の別の魅力や使い道を発見し世の中に提供できるかもしれません。

 

フリーランスにおいてはWebデザイナーやイラストレーターです。

他にもクリエイティブな仕事がありますが、

上の2つ以外は基本的に

どんな場合においても通用する型・テンプレがあります。

 

比べて

 

webデザイナーが掲載するデザインは

HPに沿ったデザインや顧客の要望、

業界や企業のイメージによりかなり変動します。

 

イラストもしかり。。

 

デザインや絵に対する

ユーザーの好みは賛否両論になりやすいので

パターン化することが難しいのでしょう。

 

Webデザインに関してもジョブトレがベストな学び場です

障害者専門のIT・Web就労支援サービス【atGPジョブトレIT・Web】

 

イラストレーターを目指すならさいとうなおきさんの動画で学ぶのがアリです

 

adhd不注意優勢型の私がミスを減らすことができた4つの工夫

1.指差し呼称で確認合図を出す

一度でも製造メーカーの現場職を経験している方は

知っているかもしれませんが、

基本的に危険が伴う仕事において『指差し呼称』を行います。

 

本来は”安全確認”をするための動作ですが、

私は物忘れ防止や仕事完了を自分に知らせるためにも

やっていました(笑)

 

例えば、

・ボールペンは引き出しの中に戻した。ヨシ!!

・今日の分の資材運びは終わり。ヨシ!!

など・・

指差し呼称をしたシーンを体が覚えているので

頭で忘れてもなんとなく思い出せるようになり、

忘れ物をする頻度が週1→月1にまで減少しました。

2.鼻歌を歌う

どういうことか?

ミスと鼻歌が何の関係があるのか?

 

鼻歌にはリラックス効果があります。

乱れた精神を安定させるための即効性がある手段の1つです。

 

人がミスをするときは決まって

緊張感や焦りが生まれるときです💦

その心理状態を正すにはもってこいです。

 

私が以前やっていたアルバイトで

バイクでのピザの宅配中、

指定時間を過ぎていて焦っていたので

無言でバイクを飛ばしていました。

 

カーブでもあまりスピードを落とさなかったため、

商品ごとずっこけてしまい、

顧客にも迷惑をかけ自分も大けがを負うことに。。

 

その後、

どんなに焦っていても気持ちに余裕をもたせるために

配達中に鼻歌を口ずさむようにするとミスをすることが激減。

 

今でも焦っていたら口ずさんでいます。(マンウィズとか)

3.自意識過剰を捨てる

あなたと私、adhdの人に多いのが、

自分は周りからどういう風に見えているんだろう?

という不安から来る自意識過剰です。

 

常に周りに迷惑をかけてきたので他人の目が気になり、

つい悪い意味(ナルシストではなく)で自意識過剰になりがちです。

 

人は自分が思う以上に自分を見ていません(笑)

期待に答えなくてはとプレッシャーを感じる必要はないですよ♪

 

ある程度責任感は必要ですが、

プレッシャーがなければ鼻歌同様リラックスして

作業ができミスも減ります。

 

気楽に生きましょう。

4.注意喚起の言葉を【待ち受け画面】にしておく

画像のように【自分への注意喚起】を促す文を

待ち受けのスマホ画面に設定すると効果的です!!

(見慣れないようにするために毎月、言葉を変えています)

 

 

毎回スマホを開くたびに「あっ、忘れ物あるかも」と

一度考える習慣が無理なくつきます。

 

以前は目的地に着いてから

「う~わ、また財布忘れた。」

「資料忘れた。。最悪だわ、マジで・・」と自分に嫌気がさすほど忘れ物をしていましたが、

 

思い込みや無意識な行動が原因で

忘れ物や失くしものが多かったので

意識的に目にするスマホ画面に「注意喚起」をすることで

すぐに忘れ物に気づけるようになりましたね(;^ω^)

 

あなたもぜひ試してみてください♪

 

adhd不注意優勢型に向いてる仕事=クリエイターである。何故なら・・

当サイトではadhdにクリエイターを目指すべき!!と題していますが、

特に『不注意優勢のadhd』に向いてるからです。

 

では

何故adhdの不注意優勢型にクリエイティブな仕事が合うのか?

ずばり、創造力ですね。

 

心理学の世界では

”悲しい感情こそが芸術性を生み出すカギ”だとも言われています。

 

おそらく辛い経験が多い発達障害者が癖にしている

現実逃避による妄想癖が創造性に

繋がっているのだと考えられます。

 

そして、

クリエイターに向いてる人は意外にも”注意散漫な人”だという

研究結果も出ています。

 

クリエイターに向いているのは「注意散漫な人」?意外な海外の研究結果
ある海外大学の最新の調査では、なんと「注意散漫な人ほどクリエイターに向いている」という驚きの研究結果が出たそうです。今回は、その調査内容と分析結果を紹介します。

 

まさにadhdの人にとっては朗報ですね♪

 

 

私の尊敬する林修先生がTVで以下のように述べていました。

 

社会で求められる能力は2つ

『問題解決能力』と『創造力』である・・と

 

私が紹介している仕事は

どれもユーザーやクライアントの悩みを解決する仕事であり、

新たな価値や作品を創造する仕事です。

 

さて

クリエイティブな仕事というと

  • ライター
  • デザイナー
  • アニメーター
  • プログラマー
  • アートディレクター

など様々な種類がありますよね?

 

私のサイトの別記事で全17種ほど紹介しているので

参考にしてください

 

adhdに向いてる仕事!セールスコピーを用いて稼ぐ手段8選

↑ライティングを使用して稼ぐ手段です

 

 

 

adhdに向いてる仕事!収入源が増えるクリエイティブな仕事9選

↑HP制作、デザイナー、アニメ、広告運用、電子書籍など色々紹介♪

 

ADHDを言い訳にせず、

武器にしませんか?

 

他人と違うということは

私たちにしかできない強みもあるということです 😳

 

少なくとも私は「ADHD=仕事できないやつ」という偏った定義を覆して

馬鹿にしてきた奴らを見返してやりたいです🔥

 

結論:adhd不注意優勢型に向いてる仕事は?

adhdの中でも

不注意優勢型にあてはまる人に向いてる仕事

 

  • 自分の興味のある分野に特化した知識・技術を活かせる仕事。
  • 一方通行なコミュニケーションで知識を提供できる仕事
  • ミスが前提の仕事でコツコツ仮説&検証を重ね結果を出す仕事
  • ルールやパターンに縛られない自由業
  • 創造力で世の中に新たな価値を生み出す仕事

です。

 

不注意を治すには精神論ではなく、

工夫が大事ですね。

 

お互いに頑張りましょう⤴

 

 

コピーライター

檀浦

 

 

ADHDお仕事塾へ戻る

タイトルとURLをコピーしました