【初心者向け】adhdがブログで稼ぐための3ステップ【実践編】

adhd 発達障害でもできること ライティング
この記事は約27分で読めます。
ある程度ライティングの基礎である書き方やテクニック、型を
把握できたらいよいよ実践です。

 

今回の記事ではセールスコピーを活かして
最低限やっておきたい『ブログサイト運用』における
アフィリエイトの始め方を公開します。

 

アフィリエイトにも様々種類がありますが、
この記事では主に2つ紹介します。

 

★ブログアフィリエイト
★トレンドアフィリエイト
以上です

 

失敗を恐れず、どんどん実践していく姿勢が
あれば必ず努力が収益として現れます

 

この3ステップで
実践すれば基本的なブログサイト運用ができる段階になれます

 

STEP1.リサーチ『キーワード・読者を設定するためのノウハウ』
STEP2.サイト立ち上げ方法・プロセス
STEP3.サイト運用開始後の分析・改善ツールの利用法

補足:リサーチに役立つ情報サイトのオススメ

 

3ステップをやれば効率よく集客でき、
サイトを立ち上げられ
ユーザーのアクションが少ない原因を分析し、改善
収益化のサイクルが構築できます
徹底したリサーチです。
リサーチをせず、ブログを書き始めても
誰からも読まれない。
全くアクセスも反応もない・・となり、
努力が水の泡になりかねないですよ・・経験済み(笑えない)
逆に

リサーチを怠らなければ

どんなにライティングが下手でも

ユーザーに価値提供ができ読者の反応率が高まり

あなたに入る収入が増えるというわけです

 

常に考えるべきことは

「誰に」「何を」「どのように」

伝えるかです

 

リサーチすべき項目は主に2点

  • 『キーワード選定』=読者が抱えている悩みを解決するための情報を提供するテーマ
  • 『ペルソナ設定』=具体的な読者像

 

成果を上げている『ブロガー』

最も時間をかけている作業こそリサーチです

ライティングはリサーチさえできていれば自然と書けるようになるから

リサーチ作業に重点をおいて作業を始めてみてください!!

 

『キーワード選定』に時間を投資しよう!

キーワード選定』とはgoogleやYahooの検索エンジンでユーザーがどんなワードで検索しているかを予測して決める作業のこと。

例:「苔玉 作り方」や「がん 治療法」

 

その決めた『キーワード』をサイトのタイトルや見出し、記事内に自然に盛り込むこと

Seoライティングという

 

SEOライティングをやることで検索結果で上位表示され、

より多くの人の目にあなたのサイトが閲覧されるようになります

 

✖キーワードを意識しすぎて明らかに盛り込みすぎるとユーザーもうんざりするし、

gooogleからもペナルティを受けて上位表示されないから注意しよう

檀浦
檀浦
いくらライティングがうまくてもリサーチができていないと反応が見込めないことが多いんだ
ここに時間をかければライティングが下手でも大丈夫だよ
具体的な攻略作業を言う前に
ブロガーで有名なまなぶさんの動画を参考に
『ブログ』の戦略について見て聞いてください🎵

 

↑まなぶさんの場合は真面目にコツコツ積み上げていく
時代や流行に左右されにくいテーマで行う

 

『ブログ型アフィリエイト』です
*結果が出るのに時間がかかるが、
一度上位表示されるとずっと収益を生み出してくれる型です

 

トレンドアフィリエイトについては
adhdアフィリエイターで億を稼いでいる花月さんのメルマガが
オススメです。

 

 

トレンドアフィリエイトとは
時事ネタや芸能界、または季節ネタや流行ものに
焦点を当てたアフィリエイトで『ブログ型』より瞬発力があります。

 

ミーハーですぐ流行ものに飛びつく人に
オススメです。

 

動画を見たは読む必要性はないかもしれませんが、
とりあえず
最も大事な『キーワード選定』の手順を見ていきましょう
リサーチすべき項目
  1.  まず、どの層(年代)に向けてどんな悩みを解決するためのサイトを作るか(目的)
  2.  そのユーザーたちは問題を解決するためにどんなキーワードで検索をするか(予測)
  3.  キーワードの候補を出して競合性を測る(google keywordsというサイトで)
  4.  そのキーワードで上位表示(seo)されるための難易度を測る(rishirikonbuというサイトで)

 

 

まず、どの層(年代)に向けてのどんな悩みを解決するためのサイトを作るか(目的)

 

例:便秘で悩んでいる40代女性向けに便秘解消用の商品を紹介するサイトを立ち上げようとしている

 

 

関連キーワード取得ツール(サイト)を使えば「便秘」に関係するワードが数多くでてくる

このサイトでは商品を紹介するサイトなので

例 ・「便秘 漢方」や「便秘 サプリ」などがキーワードとしてはオススメ

 

関連キーワード取得ツールで

「便秘」に関するワードをいくつかピックアップする(10個ほど)

 


そのユーザーたちは問題を解決するためにどんなキーワードで検索をするか(予測) 

 

*はっきりいって誰でも思いつくようなワードはライバルが多いため避けた方がいいね

便秘で悩んでいる女性が「便秘以外」でどんなワードを検索するかを予測する

 

このテクニックを『ズラシ集客』といいます。

 

例:「買いづらい」「ほしいもの 買う 勇気」とか別のアングルからキーワードを探そう

店頭などで便秘薬を買おうと思ってもパッケージがいかにも

”私便秘で悩んでいます”と宣言している商品を買うのは勇気がいります。

ネットで販売してオススメすることで恥ずかしい思いもせず、

便秘の悩みを解消させてあげられます


キーワードの候補を出して競合性を測る(google keywordsというサイトで)

 

google keywordsに登録すると(googleアカウントが必要です)
打ち込んだキーワードと関連キーワードの月平均検索数(おおよそ)と競合性が測れます

 

検索数はおおまかに
0~10、10~100、100~1000、1000~1万という感じで
表示されています

 

競合性⇒『高・中・低』で表示されている

 

★検索数は最低でも100~1000あるキーワードを選ぶ
★必ず『低』のキーワードを選ぶ

 

サイトのタイトルにキーワードを含ませよう

 

*検索数0で競合性ーとなっているキーワードは検索自体されないワードなので意味がないよ
 もう一度関連キーワード取得ツールからやり直そう!!!

 

そのキーワードで上位表示(seo)されるための難易度を測る(rishirikonbuというサイトで)

 

rishikonbu=0~100の値で上位表示されるまでの難易度が測れる。
*初心者はとにかく30以下のワードを探してからサイトを構築していかないと苦労するよ
*60以上は不可能と思った方が無難だよ!

 

そして、
例え、上位表示難易度が低いキーワードであっても
現時点で上位表示されているサイトが強豪だと時間がかかります

 

初心者は全力で避けるべきです
強豪見極めポイント】=自分の決めたキーワードで1ページ目と2ページ目のサイトを拝見して
  • コンテンツが充実していて(画像、動画、グラフなど)ユーザーの要求に答えている
  • 「広告」とサイト名のとなりに書いてある(俗にリスティング広告と呼ぶ)
  • テーマがはっきりしていて1つの要素だけに特化している

    ✖「便秘を解決する商品を求めているのに運動を薦めるなどテーマとずれたサイトを構築するとユーザーも検索エンジンも何のサイトなのかわからず評価が悪くなる」

    *運動については新たにドメインを取得して別にサイトを設ける必要がある
  • 大手企業のHPサイトがひしめいている(勝ち目なし)

ペルソナの設定は必須レベル!あなたの読者は誰ですか?

『ペルソナ』とはターゲット層をさらに深く掘り下げて絞った読者像のこと。

例:

『40代女性』 ◎『40歳 子持ち 便秘に悩んでいる パート勤務=経済的に余裕がない』

檀浦
檀浦

『キーワード選定』の段階ではざっくり40代とか言ってたけど、より絞り込んで1人に向けたコピーを書いた方が反応がいいんだよ

翔太
翔太

多くの人に読んでもらうための書き方をしたほうがいい気がしますけど・・

檀浦
檀浦

実はその考えこそが

陥りやすい罠なんだ。。

 

【逆説の法則】といって

人は誰にでも当てはまることを言われると自分のことではないな・・と判断して無視する心理がある。

 

想像してみてほしい。

 

翔太は街中で歩いている時

「ちょっとそこの若者!こっちにきてくれないか」と

言われてすぐ振り向いたりするかい?

翔太
翔太

面倒なので他の若者に任せて無視しちゃいますね・・

檀浦
檀浦

ならこんな風に言われたらどうかな?

「ちょっとそこの眼鏡をかけた黒髪の困り顔の君、こっちに来てくれないか」

翔太
翔太

さすがに僕のことだと思って咄嗟に振りかえるかもしれません

檀浦
檀浦

これでペルソナを作る必要性を感じてもらったかな?

どんなに大勢に呼びかけても反応されないと意味がない。

 

おばあちゃんの手紙の法則】ともいう。

個人名であなた宛てに書かれた手紙は気になって開封してしまうし、返事もしたくなるよね?

 

読者になってほしい1人の人間に向けて書いたものは意外と多くの人の心にささるものなんだ

 

なるべく具体的にあなたが”誰に向けて”

”何を伝えたいか”を明確にすれば価値提供のための文章も書きやすくなるよ

 

ペルソナの設定相手は

  • 過去の自分に向けて
  • 知人や友人に向けて
  • 家族に向けて
  • yahoo知恵袋の悩みを抱えている人に向けて

↑悩みを解決するための方法を教えるように記事を書く

 

以上が一連の流れで

ルーティーンです

 

そして、

リサーチが大事だという理由は・・

 

料理で例えると

リサーチ=具材集め(量より質が大事)

ライティング=調理の腕、技術

 

どんなに料理が下手でも具材が高級であれば

ある程度おいしいものが出来上がりますよね?

 

なので

リサーチが記事の質を決める70%の要素ってことですね♪

 

ペルソナを設定するためのシートを用意したので

ぜひ記入して相手を具体化してみてください

STEP2.ADHDでPCド素人の私がたった2時間でブログサイト立ち上げた方法

ADHDでPC知識0の私が2時間ほどで四苦八苦しながら

ブログサイトを立ち上げた方法を解説します

 

あなたには最短でセットアップして欲しい。

ブログサイト立ち上げた方法『段階的に解説』

檀浦
檀浦

どんなに勉強してもサイトを立ち上げなくては始まらないよね?

 

PCが苦手でも順序通りにやれば誰でもサイトは立ち上がるから

安心してね♪

 

ここではド素人だった私が

サイトを2時間ほどで立ち上げたプロセスを解説するよ

◆サイトを立ち上げるためにやるべき手順

1.Xserver【総合的なインターネットサービス】:サーバーをレンタルしているサイトに登録

→登録したメールアドレスに送られてきた

  • 【会員ID】
  • 【インフォパスワード】
  • 【サーバーID】
  • 【サーバーパスワード】をノートにメモor常時保存設定にしておく

*何か問題が発生した時やログイン時に必要だから必ずメモしておこう

 

檀浦
檀浦

adhdだからメモしてもノートごと失くすかもしれないけど、来たメールに★お気に入りチェックをしておくと安心だよ

 

2.独自ドメイン(自分のサイト用ドメイン)を取得する(____.comや___.jpなどのこと)

*基本的に名前の印象が違うだけで性能に変わりないが、

認知度によって1年間にかかる費用に差がある

 

何故か?

 

ドメインは知名度によって安心感が違うから

 

.xyzより.comの方が正当なサイトだと感じませんか?(笑)

 

 

 

*ドメインには新規ドメインと中古ドメインがあります

それぞれの違いを理解した上で取得を検討してみてください

 

新規ドメインと中古ドメインの違い

新規ドメインとはhttps://○○ー○○.___

の○○の部分に自分で考えた英数字を入れて完全オリジナルに作ったドメイン

 

中古ドメインとは

すでに誰かが使用していたドメインを買い取り、使用できるドメイン

 

新規ドメイン

 

メリット:完全にオリジナルなので自分のサイトをユーザーに印象づけやすい

ドメイン取得費用が安い。(年間100円~1000円)

 

デメリット:Googleでの評価が0からのスタートなので

検索結果で上位表示されるのに時間がかかる

(早くて三ヵ月~半年)

中古ドメイン

 

メリット:すでにGoolgleから評価されているドメインを引き継げるので

検索結果に表示されやすく、上位表示も短期間で可能になる

 

デメリット:買い取ったドメインによっては悪い評価を引き継ぐ可能性がある。〔見極めのは難しい〕

とにかくドメイン取得の価格が高い(5000円~50000円)

 

ドメイン取得サイト *それぞれ同じドメインでも価格が違うから比較検討してみてほしいです

新規ドメイン取得希望の方は以下のサイトで取得してね

 

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

↑王道中の王道

 

ムームードメイン
↑エックスドメインの次に有名。

 

 

お名前ドットコム

 

 

 

中古ドメインを検討している方は

中古ドメイン販売屋さん⇓

https://www.topshelfequestrian.com/

 

 

3.インストールする

【Xserver】と検索して【ログイン】をクリック→【サーバーパネル】をクリック

 

→【サーバーID】&【サーバーパネルパスワード】を入力してログイン

 

→【ドメイン設定】の【ドメイン設定を追加】で自分の作成したドメインを入力

→【確認画面へ進む】

 

その後、【Wordpress簡単インストール】のドメイン名の横の確認するをクリック

 

→【Wordpressインストール】の空欄のうち

 

  • サイトURL、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力
  • キャッシュ自動削除 ONにするにチェック
  • データベース  自動生成するにチェック   →【確認画面に進む】

 

★ログイン(毎回)=【Wordpress簡単インストール】から【インストール済みWordpress一覧】の 自分のサイト【管理画面URL】をクリックすればログインできるようになる

 

⇓下のような管理画面が出ればOK

立ち上げたサイトをさらにパワーアップできる方法

 

1.プラグインの新規追加で『Google XML sitemap』をインストールして有効化

檀浦
檀浦

プラグインというのはスマホでいうツールアプリみたいなものだね。便利な機能をどんどん取り入れて作業を楽にしよう

 

ただ、インストールしすぎると不具合も起きやすくなるから20個以内が望ましいかな

 

何故『Google XML sitemap』が必要なのか?

 

このプラグインを取得して設定しないとGoogleにサイトを認識されるのが遅いので

一生懸命書いた記事やコンテンツを作成してもなかなか検索結果に反映されないんです

 

なるべく早く検索してもらうには必須のプラグインです

とりあえずインストールすべきプラグイン&無料テーマ(テンプレート)

檀浦
檀浦

サイトを立ち上げたならとりあえずインストールしておけば間違えないプラグインをざっと羅列していくよ♪

 

管理画面【プラグイン】→【新規追加】で入力して検索

インストール→有効化の流れで取得してね

 

使い方はGoogleで「プラグイン名 攻略」で調べたら出るよ。

 

設定が必要なプラグインだけ★をつけておくよ

★Akismet Anti-spam  スパム対策プラグイン
★Contact Form7    お問い合わせフォームを作成してページ内に設置できる
★Easy table of contents 目次を記事に自動的に設置してくれる
★Max buttons  装飾した自分オリジナルのボタンを作成→リンク設定で別ページに飛ばせる
Page speed ninja ロード時間が短くなり、ユーザー評価とGoogle評価がよくなる(*Cocoonでない場合のみ)
Vault Press   自動でデータのバックアップを取ってくれる
★Classic Editor 入れたテキストを「見出し」「リスト」「文字装飾」などで手を加える時、初心者でも使いやすいようにシンプルにしたもの
★Tiny MCE Advanced 見出しや文字の装飾、ボックスの装飾などが可能。デザインの幅を広げてくれる
Optimize database after Deleing Revisions  記事数が多くなってもロード時間の早さをキープ
Websub/pubsubhubbub 自分と似たような記事を書いて投稿した人の後に投稿してしまった際パクリ扱いされずに済む=Googleのペナルティは受けず、正常に判断される
檀浦
檀浦
次はテーマについて説明するよ♪
*テーマとはすでに用意されたテンプレートのことで初心者でもすぐにかっこいいデザインのサイトが構築できる便利なもの
テーマは管理画面【外観】→【テーマ】で新規追加
検索→【インストール】→【有効化】の流れだよ
✖検索してもテーマが見つからない場合
Googleで「テーマ名」検索→
「テーマ名(親テーマと呼ぶ)」ダウンロード/「テーマ名 子テーマ」ダウンロード
例:Cocoon(親テーマ)、Cocoon Child(子テーマ)
→管理画面に戻り【外観】→【テーマ】で
【テーマのアップロード】をクリック
→「ファイルを選択」ボタンをクリックして
先程ダウンロードしたファイルをアップロードだよ
「子テーマ」とは、選択した既存のWordPressテーマである
「親テーマ」の機能やスタイルを継承した上で編集していくためのテーマだよ。
カスタマイズは基本的に「子テーマ」をインストールして有効化してから行おう
*ファイルのアップロードは親子どちらも必要だよ
檀浦
檀浦

はっきりいって

子テーマとか親テーマとか意味わからないよね?

 

オリジナル=親テーマ

編集用=子テーマ

で覚えてもらえればOKだよ。

 

基本【子テーマ】しかつつかないから

親はふ~んくらいの理解でいい

なぜ「親テーマ」ではダメか?
そのテーマに新しい機能やテーマの修正がある場合、WordPress公式テーマなどは自動でアップデートされた際にせっかくカスタマイズしたものがリセットされてしまうんだよ
テーマ=Webデザイナーさんやプログラマーの方が管理人(私たち)が使いやすいように作成しているテンプレートのこと
   ↑例:【ALBATROS】のサイト全体のビジュアルイメージ
★我々はすでに出来上がったテーマのビジュアルを編集して機能を活用して自分好みのサイトに変えていけばいいだけだから本当に助かるよ
檀浦
檀浦

私がぜひともオススメする無料テーマ

『Cocoon』というテーマだね。

 

*基本的に無料テーマと有料テーマの違いは便利な機能の数とデザインの質だけどこの『Cocoon』はその差を感じさせないよ♪

 

無料テーマでありながら機能性、デザイン性に優れていて何より

Googleが評価基準にしている項目を最初から備えている点だね

  • ページ高速化機能搭載(ロード時間が短くユーザーにストレスを与えない)

 

  • モバイルファースト(スマホユーザーにも見やすいデザインに勝手に切り替えてくれる)

 

  • レスポンシブルデザイン(PC、スマホ、Ipadなど画面サイズが違う媒体すべてに最適化)

 

Cocoonの使い方は「Cocoon 設定」で検索後 Youtubeでさとやんさんが細かく紹介しているよ

右のサムネイル(表紙画像)の動画です

とりあえず登録しておきたいアフィリエイトサイト「もちろん無料登録」

1.A8.net(王道中の王道サイト)⇒A8.net無料会員募集!

 

2.アクセストレード(金融・ゲーム・ショッピング系)⇒アクセストレード無料登録

 

 

3.もしもアフィリエイト(教育系、子育て用品)⇒がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

 

 

 

4.afb(美容・化粧品・ダイエット系)⇒afb無料登録

 

檀浦
檀浦

基本的にA8.netを登録しといて

他は自分のブログで発信したいジャンルによって

登録するところを好みで決めればいいよ 🙂

 

STEP3.ADHDでも安心💛失敗が前提?ブログは【文系における研究職】!!

ADHDでもブログは安心な仕事です。
はっきりいってミス?というより読者の反応がなくて自分がへこむだけで誰にも迷惑かかりません(笑)
そして、
衝動的に記事を公開しても
いくらでもリライトできますから
*リライト=書き直して更新すること
むしろ失敗を怖がらず、
人の心理に訴えかけるためにはどう文章を書くべきか?
画像や動画で視覚的にどう表現するか?
などを模索して試してみることが重要です
この仕事におけるミス=反応がない(アクセス、クリック、読まれてないなど)
何故反応がとれないのか?をユーザー目線で考え、見直していくことが重要視される
反応がなければ改善するを繰り返す・・・
でも、何がダメなのか明確にならないと改善のしようがない・・・
そこで、便利なサイトやツールを利用しよう
  1. 『Google Search Console』に登録して分析機能を使用できるようにする
  2. 『ユーザーヒート』:訪問者がページのどこの段落を熟読したか、どこをクリックしたかをビジュアル分析できる(サーモカメラのように色分けされている)
  3. 『Google Anaytics』に登録し、サイト訪問者数、滞在時間、ページ閲覧数を確認できる

 

1.まず『Google Search Console』に登録=分析できる(具体的な数字やグラフで分かる)

【Google Search Console】設定

まずは検索→【今すぐ開始】をクリック→自分のサイトURLを入力

プロパティーの検索の部分(🏠サマリーの上)が自分のサイトのURLか確認後

【サイトマップ】をクリック→サイトマップを追加で自分のサイトURLに

sitemap.xmlを加えて入力→例:https://○○‐○○.jp/sitemap.xml

 

送信して登録

 

DNS レコードでのドメイン所有権の確認画面が出るのでこのサイトを参考に設定

【サーチコンソール】DNSレコードでのドメイン所有権を確認する方法(エックスサーバー編)
2019年に大幅に仕様変更となったサーチコンソールですが、新規でプロパティ追加をする際の手順も大幅に変わり「ド…

 

★サイト上で固定ページや記事を作成したら

google search console 管理画面で

【URL検査】をクリック

検索結果に表示させたいページのURLをコピペして検査

リクエストを送信

 

○リクエストを送ることで

googleに

はやく記事を検索結果に表示してくださいと促せます

 

檀浦
檀浦

Google Search Consoleに登録すれば以下の利点がある

  • どういうキーワードの検索で訪問者が訪れているか分かる

 

  • クリック数、検索結果への表示回数が把握できる

 

  • モバイルフレンドリーになっているかどうかわかる

*モバイルフレンドリー=PCのみならず、スマホやタブレットで閲覧したときでも見やすいかどうかの基準

↑この分析によって自分のサイトの弱点を知るきっかけになる

 

2.次に『ユーザーヒート』と検索して自分のサイトのURLを登録。

  • 読めれていないのは専門用語が多いからかor段落の間隔が狭く読みづらいからか
  • クリックされないのはキャッチコピーに魅力がないからか
  • よく読まれている場所と読まれない場所の違いは何か

など読者目線に立ち返り、客観的に分析すると改善の方向性が明確になるね

 

adhdの人が陥りやすいミスへの恐怖はこの仕事では不要だよ!!!

テストして失敗して改善してを繰り返す失敗が前提の仕事だからね

 

檀浦
檀浦
稼げない人の大半は”インプット(知識を増やす)”ばかりで
”アウトプット(実践)”しないことにあるんだよ
我々adhdはつい誰かの顔を窺い、
怒られまいとミスしないことばかりに意識しがちだけど、
この仕事では思い切りが大事だからどんどんミスして改善していこう
3.『Google Analytics』を設定するには
  • Google アカウントを取得する
  • Google Analyticsに登録を申し込む(無料)
  • トラッキングコードが出るのでコピーする

*<!–Global site tag(gtag.js)~</script>までのコードをコピー

 

→WordPress管理画面の【外観】→【テーマエディター】→【親テーマ選択】

【header.php内の<head>タグ直下に先程のコードをペースト】

→更新。完了!

  • スマホでもGoogle Analyticsのアプリを取り、管理してもいい
◆この3ステップを行えばADHDでも
スムーズに第一歩である『ブログサイト運営』が行えるはずだよ
adhdの人が
一人で安定した収入源を確保して仕事していくためには
『ブログサイト運用』は欠かせない要素だから頑張ってほしいな

補足:自分の発言を裏付けるリサーチ専用サイト

あなたの発言の信用を裏付けるデータや事例の提供をするときに

役に立つ情報源が以下の6サイトになります。

 

6サイトで得た情報やデータ・具体例を

記事内に盛り込み、説明することであ

あなたの言葉により説得力と信憑性がでます。

 

憶測で言葉を紡ぐよりビジュアルで

説得した方が手っ取り早いですしね(笑)

 

 

①E-stat

政府が発表したデータを閲覧できます

 

記事を作成する際の証拠データとして

提示したり、

顧客調査を行う際の参考になります

 

E-stat=https://www.e-stat.go.jp/

 

ワンストップで各種情報を手に入れられます

また科学技術・行財政・各種産業といった、なかなか閲覧できないデータも無料で提供されているため、他で探しても見つからないデータも発見できます

 

HONOTE

 

消費者の生活に最も関わりのある商品に対する

顧客の意見が閲覧できます

 

最も利用したい調査サイトの1つですね♪

 

あなたが売りたいオススメの商品の口コミをあなたの記事に乗せれば読者さんが安心して購入できます

 

HONOTE=https://honote.macromill.com/

アンケートなどによるマーケティングやリサーチを行う株式会社マクロミルが運営する「HoNoTe」では、実際にアンケートを行った際の市場調査レポートを公開しています。

食・日用品、自動車、流通、教育など、消費者の生活に関わりのあるテーマの統計データをメインに扱っているのが特徴。より消費者の生の声に近いデータを集められます

 

調査のチカラ

調査のチカラは

主に全体の市場把握に役に立ちます

 

adhdのあなたにまず始めてほしい仕事はリサーチです

 

私もよく利用しています。

 

サイト内「キーワード検索」で

あなたの調べたいことを打ち込んで

市場データを手に入れてください!

 

調査のチカラ=https://chosa.itmedia.co.jp/

 

あらゆるサイトや機関のデータを集約し、無償で提供しています。

テーマは社会・政治、消費・投資、ライフスタイル、エンターテインメント、セキュリティ・ネットワーク、マーケティングなど幅広く、最新データもすぐにアップされているため、新しいデータが欲しいときに便利です。

 

生活定点

時代の変化に合わせた消費者の動向・心理が読み取れます。

 

 

1年に1回は閲覧をして時代の変化を

把握しておいたほうが無難ですね💦

 

生活定点=https://seikatsusoken.jp/teiten/

取り扱っているジャンルは、消費、家族、学びなど暮らしに寄り添ったものが多く、消費者に関する調査データが必要な場面にとても役立つでしょう。

性別・年代・地域でデータを比較できる機能も優秀。それぞれの差や違いについてひと目でわかるため、マーケティング業務がさらに捗るでしょう。

 

矢野経済研究所

*有料で詳しいデータを提供してくれるサイトです

 

WEBマーケティング以外に

マーケティングの知識を取り入れたい人や

 

マニアックな知識を得て、

コピーで読者にインパクトを与えたい人にオススメです

 

矢野経済研究所=https://www.yano.co.jp/

かなり詳しく踏み込んだ資料が欲しいという人向けに、市場調査資料やショートレポートを有料で提供しているため、無料データでは足りないというときに便利です。

 

リクルートライフスタイル

adhdの中でも特に女性に合っている分野ですね

 

フード関連・サロン/美容関連・旅行/ホテル関連への

データをもとにセールスコピーによる集客代行をしたい方は

ぜひ利用したいサイトです

 

 

リクルートライフスタイル=https://www.recruit-lifestyle.co.jp/company/rd

転職や不動産、旅行、外食産業まで、リクルートが手がける業務の中で集まった資料を無料で公開しています。

会員登録をする必要がなく、消費者の生活に密着したジャンルごとに消費者のトレンドを追えるような調査内容が豊富なのがポイントです。

 

ADHD:ブログ初心者がまず実践すべき3ステップまとめ

1.ブログ積み上げ型のアフィリエイトorトレンドアフィリエイトかを決め、

『キーワード・読者設定』をするためのリサーチを行う

 

2.サイトの立ち上げ

(DM,ニュースレター以外の仕事で必須になる要素です)

*自分の会社を設立させる感覚でネットビジネスの土台となります

 

 

3.分析&改善

(ブログサイト運用・HP・LP・セールスレターで参考になる)

 

補足:リサーチサイトをうまく利用して記事での発言に

信憑性をもたすデータや事例を手に入れる

 

檀浦
檀浦

道が長く感じるかもしれないけど、

1つ1つこなせば案外一ヶ月ほどでノウハウが

身につきます

 

とにかく実践してみて

ステップのサイクルを

習慣化していけば誰でも稼げるようになれますよ♪

 

  1. […] この記事でオススメしているのでぜひ参考にしてください […]

  2. […] 稼げるセールスコピーライターになるための […]

  3. […] 稼げるコピーライターになるための3ステップ【実践・テスト編】 […]

  4. […] サイト運用の始め方⇒https://free-adhd.com/258/ Seoライティング:Search Engine […]

  5. […] 稼げるコピーライターになるに今すぐにでも始められる3ステップ【実践・… […]

  6. […] サイト立ち上げ方 […]

タイトルとURLをコピーしました