adhdでも稼げる仕事!セールスレター攻略【基礎編】

セールスレター セールスコピーライターの仕事
この記事は約17分で読めます。

もし、adhdのあなたが仕事として

『セールスレター』を選択したとしたら誇りをもって

 

私は『セールスコピーライターです』

名乗っていいと思います

 

何故なら『セールスレター』こそ

『セールスコピーライター』としての本来の仕事だからです

 

メルマガやHP製作、youtubeなど16種類ほど

仕事を紹介していますが・・・

 

『セールスレター』以外の仕事は

WEB関係の職種であれば皆行っている業務です(笑)

 

ですが、

 

世の中にあるセールスレターの多くは

全国にいる約1000人程の『セールコピーライター』が執筆し、

製作しているものが大半です

 

もし、

adhdのあなたが『セールスレター』

仕事にして稼ぐことを覚悟したのなら

 

年収1000万越えのコピーライターの仲間入りに

なれるでしょう 😉

 

セールスレターとは何だ?LPとの違い

セールスレターとは

ある1つの商品やサービスについて

あらゆる角度からアプローチし、魅力を引きたて

 

ユーザーの購買意欲、行動意欲を刺激する

1つなぎのWEBページのことを指します

 

ではLPと何が違うのか?

 

LP=デザインや動画、画像など視覚によるアピールが多く、

主に感情的に物を買うタイプの顧客がターゲットです

 

LPで売れる商品に共通することは

すでにランキングサイトで売れているもの

あるいは

認知度の高い商品です

 

「あれ?なんか聞いたことあるかも・・」と

感じる物が多いです

 

LPについては→https://free-adhd.com/780/

 

セールスレター文字(コピー)による説得が多く、

主に論理的思考で購買へと至るタイプの顧客へもアピールできます

 

高額なものを買う際に勢いに任せて

感情的にその場で購入を決断できる人は少ないですよね?

 

つまり、、、、

 

セールスレターを用いれば

自動車や健康グッズなど高額なものを

購買へと至らせることも可能なわけです

 

 

 

誰でも一度は立ち止まって

論理的にシュミレーションしてから

買うか否かを決断します

 

故に『セールスレター』は決断材料を与える仕事なんです

 

ですので、

セールスレターを書けるセールコピーライターの中には

年収1000万以上稼ぐコピーライターも存在するんですね(笑)

 

加えて、

 

ちょっと下の例を見てみてください

例の写真はセールスレターの一部を切り取ったものですが、

LPと違い、商品といえる有形物ではなく、講座への案内です

 

セールスレターでは

明確に商品の特徴やサービスの内容が分からないもの

コピーを駆使することで商品化できます

 

★情報商材が代表的な例ですね

 

*LPと同じく有形物も紹介はできます

(LPの上級編だと考えてもらえればいいですね💦)

 

そもそも商品の概要が不明であったり、

買って損しないかどうかの判断ができないものは

きちんと説明がなければ怖くて手が出ませんよね? 😥

 

文章またはグラフやデータで説得することで

顧客の抱える不安を解消でき、

購買を検討する段階へと導けます

 

最後に1つ!!LPとの違いがあります

 

LPとはユーザーが訪れた1ページ目を指し、

主な流入経路は広告やHPのメニューバーからでしたが、

セールスレターは必ずリード文というプロセスが存在します

 

リード文とは下の図ように

読者が最も目にする一番上に位置していて

読者に興味付けをする箇所を指します

そして、

本文が書かれたセールスレターページに

飛ぶ際に使われる”続きを読む” から

セールスレターページへ導きます

 

↑前置きページに使われます

 

例えば、

下の左の図 仮にメルマガでリード文の一部を切り取り、読者に興味をもってもらう

【目的】リード文で興味付け&ユーザーを絞る

下の右の図 セールスレターのページへ飛び、本格的にセールスをかける

基本的な流れは図の通りです

セールスレター約10000文字を超えるコピーによる請求

縦長の1ページで行うため、

急に長ったらしい本文を提示すると読者に敬遠され離脱されてしまいます

 

ですので、

リード文で興味をもってくれた読者にのみアピールすることで

購買へと促すことができます

 

*テキストはイラストや動画に比べ、嫌われますからね💦

 

LPとセールスレターどちらで売るべきか?の判断基準は

 

◇何を売りたいのか?有形物か無形物か?

 

有形物なら:LPが有利

化粧水など(予め顧客が商品の概要を理解しているもの)

 

無形物なら:セールスレターでないと売れない

情報商材など(説明がなければどんな商品か判断できないもの)

 

◇単価が安いものなのか?高いものなのか?

例:

安いものであればLP

3000円の健康食品を多く売りたいのか?

 

高いものであればセールスレター

10万円の動画制作ツールを売りたいのか?

 

◇文章が得意か?デザインが得意か?

文章=セールスレター

デザイン=LP

 

自分に問いかけてみてください!

 

adhdのあなたに適した方を仕事として選択し、

実際に始めてみてくださいね♪

いざセールスレター製作を始めるには?目的は?

始め方は基本的に

サイト運用とLPと同じです

型はLPに近いですね

 

*サイトを立ち上げている方は

無料テーマ『xeory Extension』

有料テーマ『Colorful』8400円

がオススメです

 

ワードプレスを使用したサイトの始め方

adhdが稼げるコピーライターになるための3ステップ【実践・テスト編】
adhdがネット上で稼げるようになるにはとにかく実践・テストを恐れず試すことから始まります。adhdでもすんなり行えます

ですが、、、

 

 

始める前に目的をはっきりしていないと

意味ないですよね?

 

セールスレターを仕事として始める

タイミングとしては以下の4パターンが考えられます

  • クライアント企業の商品を売るとき
  • 高額のアフィリエイト案件をするとき
  • *バーチャルコーチで作成した情報商材を紹介するとき
  • 自分の会社を立ち上げて商品・サービスの認知度を上げるとき

 

*バーチャルコーチについては以下のURLにてチェック

キャッシュポイントが増える手に入れて損しないスキル

 

そして、一番の目的は成約率を上げることです

例:成約率1%=読者100人中1人購買してくれたということ

 

*10万円以上もする商品を1人買ってくれただけで

相当誇れる実績です

 

わずか1人にしか商品が売れなかったとしても

口コミで広まれば自ずと成約率が増えるでしょう(笑)

 

まずは成約率1%を達成するために

コピーライティングの技術を高めてください

基本的な型と流入経路を叩き込もう!!

adhdのあなたはもしかしたら

セールスレターを仕事にすることに不安を覚えているかもしれません

 

「マニュアルがないと何を書いていいか分からない・・」

「未だに流れが把握できない・・頭が整理できない」

「自由に作成して本当に商品が売れるの?」

 

セールスレターには一応基本的な型が存在します

安心してください 😛

 

基本的な流れ・型

セールスレターの基本的な流れは以上になります

 

adhdでも大丈夫!パソコン1台で収益を生み出すからくりとは?

で紹介している『アンリミテッドアフィリエイト・ネオ』のページを

参考にしてみてください

 

とても魅力的なセールスレター

億を稼ぐ人の製作物は見本にうってつけですよ♪

流入経路

セールスレターのページへURLで

飛ばすための流入経路は数多くありますが、

 

最も現実的な経路を3つ挙げますね

1.メルマガ
2.サイト(Google,yahoo)
3.企業HP(*クライアント企業がいる場合のみ)

 

★特に1番のメルマガにおいては

自分と価値観の近い濃い読者(ファン)が多いので

 

リード文からの”続きを読む”のクリック率も高く、

セールスレターページでの成約率も高い傾向にあります

 

★2番のサイトにおいては

検索の母体数が大きいので成約率はともかく露出が多いです

 

キーワードとしては

【商材名 (感想・レビュー・口コミ・評判・効果)】

でリサーチを行い、競合性が低いワードを見つけましょう

 

↑上記のキーワードであれば

購買意欲の高いユーザーしか検索しないため、

セールスレターページにさえ誘導できれば成約率が高まります

 

キーワードとはなんぞや?と思う方は

稼げるセールコピーライターになるための3ステップ【勉強・準備編】

の見出し3番目のリサーチを確認してくださいね

 

★3番の企業HPでは

知名度の高い企業または認知度の高い商品を扱う企業が

クライアントであればHPで紹介するだけで

ある程度の成約率が見込めます

 

HPのメニューバーやサイドバー、

画像からセールスレターページへ飛ぶように設定します

 

*(注)必ず成果報酬型契約を結んでください

例:セールスレターページから発生した売り上げの3割を

月毎に受け取る

 

今月の売り上げ:100万であれば 30万受け取る

 

セールスレターを構成する3ステップコピー

 

3ステップコピーとは

1.キャッチコピー(興味付け・印象付け)
2.ボディーコピー(問題の提示・解決策の提示)
3・クロージングコピー(補足説明・後押し)

の3段階の流れです

 

まず、

最も肝心なキャッチコピーについて考えていきましょう

興味をもってもらうキャッチコピーのヒントを得るには

 

まずサイト運用同様に

・ペルソナ(読者)設定⇒デモグラフィック調査
・心理調査⇒サイコグラフィック調査

が必要です

 

セールスレターにおけるペルソナは

ある程度経済力のある大人を対象にしましょう

 

デモグラフィック調査をします

*人口数・市場規模が大きい分野で

 経済力の大きいターゲットを決めます

 

理想としては

年齢=20歳以上

性別=どちらでもよい

世帯規模=独身よりも既婚者

所得=年収300万以上

職業=特に決まりなし

学歴=特になし

住所=都会に住んでいる方がいい(金銭面)

 

次に

サイコグラフィック(心理)調査を行います

価値観のテーマ(仕事・金・家族・人間関係・健康)

ライフスタイルの傾向(都会住みor田舎住み/仕事重視orプライベート重視)

例:

都会での仕事、忙しい生活にストレスが溜まり、お金はあるけど時間に余裕をもった生活ができない。妻と旅行したり、映画を見に行く時間も取れず、毎日朝から晩まで仕事に追われる日々に限界を感じている。田舎のように時間の流れがゆったりとした場所で起業してのんびり働きたいと考えている。しかし、起業しても安定して稼げるか分からないと悩んでいる

 

例のような設定を

できれば実際に実在する悩みを持つ人から

聞き込みをしてペルソナ選定をしてください

 

この場合、

新たなビジネスを提案するとして

 

キャッチコピー

『1日が48時間にも感じるゆったりと時間が経つ田舎で

1日5時間の労働で毎月20万以上安定して稼げるビジネス

○○を始め、第2の人生始めませんか』

などピンポイントにキャッチコピーを書くことができます

 

*どんなにアクセスがあるテーマにしても

成約率が上がらなければ意味がないので

ピンポイントにペルソナを絞ってくださいね♪

 

次にボディーコピーについて考えていきましょう

 

ボディーコピーでは

とにかく読者の疑問点や不安を取り除くコピーに注力します

 

◇実証(結果が出る理由を提示):研究データ、成功事例、動画

 

一目で分かる研究データの画像や成功者のタイプ別事例などで

購入者の未来が明るいことを証明する

 

*結果を得られる具体的な理由を科学的データで理論的に説明

 

◇信頼(商品を信頼できる理由):権威のある人の言葉、お客様の声

自分に実績があれば

経歴・写真・実績・推薦者からの言葉を提示する

 

なければ

肩書を語り、その肩書にふさわしい身なりや態度を示して

肩書に見合う自分になる努力をする

 

例:

○○評論家などの『ほんまでっかTV』で拝見しますが、

実質評論家になるための資格はなく、

肩書を語り、専門知識を語りふるまうことで

評論家として自分を確立しています

 

自信をもって発言することで

周りの人から見ると専門家にしか見えません(笑)

 

あなたも・・

自分がadhdであることに仕事上コンプレックスをもっていると思いますが、

adhdだと悟られないように自信をもって振舞いましょう!

 

肩書に対する責任と誇りを胸に活動すれば

どんな自分にだってなれます!!

 

◇安心:返金保証、無料提供=お試し期間

*保証についてはクロージングコピーで語っても構いません

 

現在ではお馴染みのセールステクニックですが、

保証があるなしでは商品の購買率は雲泥の差です

 

特に高額な商品に関しては保証のない商品など恐ろしくて買えません

 

誰もがリスクを恐れていますからね(笑)

 

「結構吟味して買ったはずなのに思ってた物と違った・・

俺の1万円を返せ!あぁ~~」

ってことがあるともう二度とこの企業の商品なんて買わない!

と顧客に絶交される可能性が高いですからね💦

 

企業としては絶対に避けたい事故です

 

adhdの我々は衝動的に物事を行うことが多いですが、

今やどんな商品・サービスにも保証がついているため

 

「なんか問題があったら電話すればいいか」と

簡易的に考えられるからかもしれませんね・・(笑)

 

最後にクロージングコピーについて考えていきます

 

クロージングコピー=最後の後押しです

効果的な要素が4つあります

1.保証 「返金・返品・アフターサービス・サポート」
2.特典  「PDFレポートや商品の使い方動画、追加商品の添付など」

*何故その特典が必要なのか理由を添えるとよりGOOD

3.簡易性 「効果が表れるまでの期間」「複雑な知識・技術がいらないこと」

例:

わずか2週間○○を毎日10分行うだけで太ももが10㎝細くなります

 

PC操作が苦手な人でもワンクリックで

手続きができます。ID/パスワードの設定は不要!

 

4.希少性(限定)

人数・数量・時間・日数・曜日・客層(~代限定)・条件

*残り時間を表すタイマーをセットするとさらに効果あり

 

 


基本的にはこの3段階コピーを軸に

セールスレターを構成していきます

 

檀浦
檀浦

正直、

セールスレターは文章が多いですが、

肝となるのは7割型リサーチにあります。

 

  • 顧客の意見
  • 研究データ(数値、実績)
  • 新聞やニュースからの情報
  • 書籍
  • 企業の実績・事例
  • ネット情報

様々な媒体から得た情報を

まとめて肉付けし、

コピーで魅力的に仕上げる

 

*すでにある程度売れている商品であれば

コピー力が弱くても売れますよ♪

 

売れるセールスレターにするためにリサーチすべき3段階要素とは!?

セールスレターはリサーチあってこそ成り立つ仕事です

 

adhdのあなたが仕事をしていく上で

優先して行う作業は以下の工程ですよ♪

  1. 商品リサーチ(商品の魅力をどう伝えたらよいか)
  2. 顧客リサーチ(どんな意識の人に請求すべきか)
  3. 競合リサーチ(他社と差別化できる要素は何か)

 

*上記のリサーチ作業はすべてのセールスコピーを書く作業において

必須レベルの項目です

 

リサーチにどれだけ時間を投資できるかが

成果につながり、収入につながります

 

流れとしては

①まず、自分が売りたいと思う商品(最低5000円以上)を1つ決める

②その商品が顧客にもたらすメリットを書きだす

詳しくはadhdでも稼げる仕事!セールスレター攻略【商品リサーチ】

 

③顧客の生の声、またはデータから悩みを洗い出す

 

生の声のヒヤリング法については→https://free-adhd.com/82/

データ収集サイトについては→https://free-adhd.com/907/

 

④顧客ごとの問題意識のレベル・性別に合わせた請求法を考える

 

問題意識レベルに関しては

adhdでも稼げる仕事!セールスレター攻略【顧客リサーチ】

 

性別に合わせた請求法については

https://free-adhd.com/1044/

 

★徹底してリサーチを終えたら大まかな文章の流れ

『ストーリーボード』を決めていきます

 

ストーリーボードの例として下のURLからダウンロードしてください

 

洋書トライアスロン(売れてるセールスレターの例)

 

 

ストーリーボードの大まかな流れの例

↑例のように予めどういう流れで何を書いて

読者にどうアピールするか決めておけば

後は要素毎に文章をはめこんでいくだけで済みます

 

 

 

翔太
翔太

やること多すぎませんか?

 

優先順位が決まっていることは

助かりますけど、、

できる気がしません・・

檀浦
檀浦

確かにセールスレターは難しい仕事だね。

 

だけど、

始める前から諦めたらいけないよ!

 

セールスコピーを書くスキルは

どんな業界でも応用できる

汎用性の高いスキルだから

 

仮に翔太が起業した時に

絶対に役に立つ力になってくれるよ

 

翔太
翔太

自信はありませんが、

将来の自分のために一応挑戦してみます

まとめ

どうでしたか?

 

一見セールスレターは大変そうですが、

データを集め、

きちんと型に沿ってコピーを書けば

多少文章が下手でも売れるものは売れます(笑)

 

adhdだからといって仕事にできない・・

なんてことはありません

 

紹介している16種類の中でも

もっとも継続した稼ぎを生み出し

今後需要が高まる仕事です

 

ぜひ検討してみてくださいね 😉

 

 

  1. […] セールスレター攻略記事へ […]

  2. […] adhdでも稼げる仕事!セールスレター攻略【基礎編】 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました