adhdに最適なトレーニング★仕事ができない私が変われた秘訣

習慣術・マインドセット
この記事は約10分で読めます。

adhdを抱える人は世間一般的に見ると

adhd=仕事ができないと認識されていますよね?

 

これから紹介するadhdに最適なトレーニングを行うと

仕事ができないと周囲から言われることもなくなるはずです

 

ペンとノートさえあれば誰にでもできるアウトプットを習得し、

習慣化することで仕事ができる人に生まれ変われます

 

adhdが仕事ができないと言われる理由

adhdが仕事ができないと言われる理由は

 

整理してみると

  • ワーキングメモリが少ないので物覚えが悪い
  • 頭の中の情報処理が困難で整理ができない
  • 自分の意見を伝えるのが下手で相手に意図が伝わらない
  • 記憶が定着せず、忘れ物や失くし物が多い(無意識)

など会社員として必要な要素が欠落しています

 

ただ障害の特徴だからといって諦める必要はありません。

 

完治はできなくとも症状を軽くして

周囲から悪目立ちしない人材へと変わる方法があります

 

 

手書きは究極のアウトプット術

パソコンが普及して

文字を書かない現代では

めっきり手書きで文章を書く機会は少なくなりました。

 

特に大人になると、

文字を書く機会は減り、

パソコンでのタイピングで文章を書く機会が増えます

 

クイズ番組とかを見て

「あれ?へいしゃって漢字でどう書くんだっけ?」と

ど忘れした経験ないですか?

 

日々パソコンで書いてるはずなのに・・

 

 

では何故未だに小学校では手書きで漢字を覚えるのでしょうか?

何故なら10歳までが脳が発達するピークであり、

手書きが脳の記憶に定着させるのに最適なトレーニングになるからです

 

プリンストン大学とカリフォルニア大学の共同研究

大学生を対象に講義内容を

◆手書きでノートを取る学生
◆ノートパソコンで打ち込む学生

2通りに分けて比較実験をしてみました

 

すると、面白い結果がでました

 

結果:手書きがテストの成績も良く、長い時間にわたって

   記憶が定着し、新しいアイデアも閃きやすい傾向があることが判明

 

理由:手書きだと脳のブローカ野という言語処理にかかわる部位が

   活性化しているから

 

さらに、

 

書くという行為によって潜在意識に刷り込まれ、

人の行動・思考・学習の95%が形成されると

多くの神経科学者が言及しています

 

つまり、

新しく覚えたことは

  • 手書きでノートに取る
  • メモをする(失くさないように 笑)
  • 伝えたいことも書いて吐き出す

 

ペンで書くというトレーニングをしていれば

忘れっぽい、ワーキングメモリが少ない状態から

脱することができます

ベストなアウトプットのタイミング

タイミングとしては「直後」です

 

書籍を読んだ直後・映画を見た直後・アイデアが閃いた直後

感情が動いた直後・始めて経験した直後・・

 

人はインプットしただけでは記憶に定着しない上に

せいぜい3時間程度しか明確に記憶しておけません

 

なので、

 

最も記憶が明瞭な『直後』に手書きして後から見返せるように

ノートに情報を羅列しておくと大切な情報として保管でき、

頭の中の情報の整理にも役立ちます

 

翔太
翔太

でも、

会社では一所懸命に仕事を覚えようと

メモを取ろうとしても

 

先輩に

「作業の後で取ればいいだろ?

今メモ取らなくても覚えていられるだろ?」

とメモを取る時間さえ与えられないのですが

 

どうしたらいいんですか?

 

 

檀浦
檀浦

adhdには辛いよね。。

そんな会社は辞めてフリーランスになって

ライターになったほうがいいよ。

 

一所懸命にノートに取った情報を見ながら

作業できるし、誰に急かされることもない

 

ワーキングメモリの少ないadhdでも充分こなしていけるからね

 

 

おまけ:何故パソコンのタイピングでは漢字が覚えられないのか?

タイピングもある意味アウトプットだから

記憶に定着しそうですが、

 

記憶に定着しない理由は

・潜在意識に刷り込まれない

・ブローカ野という言語処理神経が活性化しない

に加えて

 

情報の処理の仕方が違うからです

『意』という漢字を覚えるのに

 

パソコンの場合

 

すでに覚えている漢字の読み方をなんとなく覚えていて

「i」と打ち込み、たしか注意の意みたいな漢字だったな~と

スペースキーで候補を探してenterで確定

 

手書きの場合

「立」という漢字の下が「日」で最下部に「心」で『意』だな

 

と答えにたどり着くプロセスが違うので

 

パソコンでのタイピングばかりしていると

咄嗟に「漢字でどう書くんだっけ」と戸惑うんですね💦

 

 

私は約12年間行ってきた自己啓発文を書くことで人生を変えた

 

私がまだ高校生で自分がadhdだと知る前に

周囲との違いから思い悩んでいた時に出会った本が下の新月のソウルメイキングです

最近、よく耳にする『引き寄せの法則』です

 

世界の星占術界で有名なジャンスピラーさんが約28年間の実験をもとに

製作した新月の力を応用した潜在意識の構築法

 

🌑新月=0 🌕満月=100を意味し、

 

新月に自己啓発文を書くと、

成長や変化が加速する効果があるそうです(笑)

 

 

やることは単純で

  • 毎月来る新月の時間に自己啓発文を紙にペンで書く
  • 新月が始まってから48時間以内に自己完了形で文を2~10個以内で書く

 

*例:「私は相手に自分の思いを伝えるとき、相手に伝わりやすいように

要点だけをシンプルに伝えられる話術を身につけます」

 

  • 星座に合わせた願い事が叶いやすい分野に関する目標を書く

*例:乙女座は恋愛・癒しに関するもの

 

*書いたら放置して構いません。いずれ成就することを願って

 

★自分の潜在意識に訴えかけ、無意識的な行動を変えるための習慣として

続けています

 

結果:

  • 忘れ物をしたときに忘れたことにすぐ気が付くようになった
  • アウトプットすることでストレスが溜まらなくなった
  • 積極的に新しいことに挑戦できるようになった
  • 不安やうつがなくなり、前向きになれるようになった

 

少なくとも私は自己啓発文を書く習慣を身につけ、

人生観が150度ほど変わりました。

 

仕事上でもこちらから発達障害を告白しない限り、

疑われないレベルになれました

 

時折、「お前ってもしかして・・」と

言われそうになりますが、、(;^_^A

 

*(注)あくまで手書き=アウトプットが重要ということです。

新月は潜在意識の構築を加速するために利用してみてください

 

 

adhdでもできるようになった相手にシンプルに意図を伝えるコツ

adhdの人の中で

自分の言いたいことをズラズラ並べて

相手に「つまり何が言いたいの?」と

眉間にシワを寄せられ困った人いないですか?

 

Yahoo知恵袋の質問においても

ひたすらに長文で悩みを打ち明け、何を解決してほしいのか

意図が分かりづらい文章をよく目にします(笑)

 

原因は

書きながら話しながら伝えたいことを考えているからです(笑)

 

 

記事作成においても

会話においても

プレゼンテーションにおいても

 

まず、

 

コンセプト(最も伝えたい重要事項=軸)を考えて構成してから

アウトプットすると脳が整理されて

自分の意見・思いが相手に伝わりやすくなります♪

図のように整理してから相手に伝えるようにすると

相手も理解しやすく、自分も伝えやすいです

 

そして、

私がサイトでオススメしている『セールスコピーライター』

単にadhdの特徴を活かせる仕事というだけでなく、

adhdの苦手な部屋の片づけ=脳の整理ができるようになる

習慣が自然と身につく仕事です

 

ところで、

仕事ができる人の特徴で

デスクの上がきれいに整っている人が多いと聞いたことがありませんか?

 

 デスク(机の上)=脳内を映す鏡です

 

仕事ができる人は情報をさっとノートや資料に整理して

脳内を空にしてどんな仕事を振られてもいいように

スタンバイをしています

 

adhdの人の部屋が汚いのは脳内の情報処理ができず、

優先順位が決まらず、身動きが取れないからだと思います

 

図の場合、

優先順位はコンセプトです

 

コンセプトから整理すると

自然と脳内の片付けも部屋の片付けも

できるようになれますよ♪

 

 

 本気でライティングを始めるなら?

あなたが本気で『セールスコピーライター』を始めるなら

”写経”に勝るトレーニングはありません。

 

写経とはそのまま文章を写し書きすること

 

詩人や小説家、書道家なども行う写経は文章がうまくなるための

最良のトレーニングです

 

写経に相応しいセールスレターを下から保存してください

 

写経トレーニング材料1

 

 

 

 

 

写経トレーニング材料2

 

 

 

実際にノートに書いているだけで

上手な人のコピーが染みついてきて

なんとなく書き方の傾向が見えてきます

 

ただ写し書きするだけでなく、

分析してみるとより深く文章の構成が見えてきます

 

・上部の文章で読み手の感情に訴えかけられている

・バンドワゴン効果(心理技術)が使われている

・文字のフォントや色分けをして目立たせている

・データや事例が見れて説得力がある

 

など写経した文に色ペンで書き込みをすると

より理解が深まり自分のライティングに反映されます

 

超簡単で効果的なアウトプット法は手書きに限る

adhdが仕事ができる人になるための

最適なトレーニングは手書きです

 

ペンとノートがあれば誰にでも手軽にできて

仕事上でadhdの弱点と言える要素をほぼ解決できます(笑)

 

現在、

会社員として働いているadhdの方にも

在宅でコピーライターを目指すadhdの方にも

ぜひ実践してほしいです

 

世の中の印象である adhd=仕事ができない

という印象を変えるきっかけになればと思います

 

 

では

 

コピーライター

檀浦

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました