adhdの創造能力が生み出すビックアイデアの作り方

マーケティング
この記事は約8分で読めます。

adhdがやるべき仕事!セールスレター攻略【競合リサーチ】で

触れましたが、

 

adhdの人は起業家orフリーランスに向いています


adhdで有名なメンタリストのDAiGOさんが言うように

adhdの人は

  • リスクテイキング=リスク覚悟で新しいことにチャレンジできる
  • 過集中=1つのことに没頭してしまう(興味のあることのみ)
  • コミットメント=一度決めたら曲げない
  • 決断力・行動力がある
  • 人と違う視点で物事を捉える創造能力がある

以上の長所が活かせれば新たな事業が成功しやすい

 

加えて、内向的な人が起業で成功する例も挙げています

 

adhdならではの創造能力【ビックアイデア】を発揮すれば

 

adhdがやるべき仕事!セールスレター攻略【顧客リサーチ】で

紹介した問題意識レベル1、2の見込み客まで巻き込んで

商品やサービスに興味を抱いてもらえます

 

*本来問題意識レベル1,2は市場で考えれば数が多いが、

アプローチが難しい。。。

 

ペルソナのようにある一部の人に訴えるのではなく、

幅広く全般にアプローチする戦法なので

反応率を上げることが困難ですね・・・

 

adhdならではのビックアイデアを用いることで

他のセールスコピーライターと差別化でき、

世間からの信頼と実績につながります

ビックアイデアのヒント=人が嫌でも反応してしまう○○

想像してみてください。

 

あなたはどんな状況のときに

思わずリアクションをしてしまいますか?

 

普段、ぼぅ~としていても「はっ!」と

頭が冴えわたり、アドレナリンが出まくる時はどんな時ですか?

 

脳科学的には意外性をもつ事柄に

人は嫌でも反応してしまいます(笑)

 

*海外の研究によると以下のランキングです

 

第1位  危険な状態に置かれたとき 

例:

*苦手なものとの遭遇:ゴキブリなど

生活を脅かす出来事があったときなど

 

★人は危険な状況にたたされると論理的な思考がマヒし、

正常な判断ができなくなります

 

adhdの我々で例えると

どんな会社に就職してもミスを多発させ、

人間関係が悪くなり、

居場所を確保することが難しくなり、

退職へ追い込まれます(=ピンチ)

 

他には?

 

重い病気を宣告されて、

高額な薬を処方されたとき

「私、経済的に厳しいので必要ありません」と

断れるでしょうか?

 

 

銀行強盗に銃を向けられて

「おい、金をだせ。さもなくば全員ぶち殺すぞ!」と

言われて

「金はやらない。命ならくれてやる」という人はいませんよね?

 

相手に行動させるには

相手が最も恐れていることを

示唆するコピーが反応率を高めます

(注)詐欺師になれということではありません。
第2位  感情(違和感・変化)

 

例:

*お出かけから帰ったら、部屋のリモコンの配置が変わっていた・・

「もしかして、誰か入った!?」と違和感を覚える

 

彼女の化粧が明らかにけばくなり、ぞっとした(変化)

 

adhdでなくとも人は『物事の変化に敏感です』

 

原因は

 

現代と違い、

戦があった時代はわずかな状況の変化に気づくor気づかないかで

生きるか死ぬかの分かれ道に直結したため、

遺伝として受け継がれ、

誰しも違和感や変化に敏感になってしまったためですね :mrgreen:

 

コピーライターとして

タイトルやヘッドラインを書いて

読者に注意を引くには

 

相手に

【えっ!?どういうことだろう・・内容が気になる】や

【他のタイトル・記事とは違い、異質だな】

【一般常識と逆のことを書いてあって面白い】

と思わせることが大事です

 

第3位 新しいもの 
  • 聞いたことがない話
  • 独自性の強いもの
  • ユニークな商品
  • 既存のものでも新しい一面がフォーカスされたもの

 

★結局人は『新しいものが好きです』

 

adhdのように熱しやすく、冷めやすい人は特に。。

 

日常の中に今までにない非日常が訪れれば無視できません(笑)

人は刺激が大好きなのです

 

子供の頃、

何故知識の吸収力が高いのか?

 

大人に比べ、知識も少なく

脳への刺激が多いのでアドレナリンが活性化されて

情報を処理しようとするからですね

 

大人でも初めて聞くような情報は刺激になり、

つい注目してしまいます

新しいことを見つけるヒント

ヒントの見つけ方は無数にありますが、

最も簡単なネタの見つけ方を紹介します

 

  • 海外のビジネス・著書を参考にする
  • クライアント企業が商品を開発していれば情報をもらう
  • 既存の商品の本来の使い方とは違う別の用途を発見する
  • 一般常識に「なぜ?」と疑問をもつ

 

*単純に新しい情報が入るのを待つのではなく、

現在日本にない知識・常識を海外から取り入れる

 

常に物事に疑問を抱く姿勢がビックアイデアの鍵になります

 

くれぐれもベネフィットを語るときは慎重に

adhdがやるべき仕事!セールスレター攻略【商品リサーチ】で

最も大事な要素”ベネフィット”について語りました。

 

○○(商品)はあなた(顧客)を__にしてくれます

 

つまり、

商品を買って使いことによって顧客が望む変化を

もたらします

ベネフィットの考え方でした

 

基本的にベネフィットは

◆欲求があって、悩みを解決する方法も予想できるけど、

 商品の存在を知らない顧客に対してのアプローチ方法です

 

しかし、

ビックアイデアで請求すべき顧客は

◆ただ漠然と悩んでいる=方法も商品も調べてない

購買意識が低い人たちです

 

購買意欲の低い人たちに”ベネフィット”を語ったところで

「はぁ~、すごいですね」

「へぇ~(もしかして売り込まれてる?)」

と感心と警戒心しか与えられません(笑)

 

★ベネフィットを語るときは直接的に言わず、予感させる言い回しが効果的です

例:アメリカ大陸に走る新しい鉄道がある人を大金持ちにしています。何故なら・・

 

↑ストーリー仕立てで興味をもたせ、遠回しにアプローチしています

 

下のピアノコピーも代表的な例なので参考までに 😛

https://free-adhd.com/wp-content/uploads/2019/09/piano_copy.pdf

ピアノに興味がない人をも虜にすることができます

写経にうってつけのコピーですね

 

Power of idea 6メソッド

優れたアイデアには6つの法則があります

参考図書

1.Simple    シンプル(分かりやすい)であること
2.Unexpected 予想外・意外であること
3.Credible   信用・信頼できる裏付けがあること
4.Concreate  具体的で現実的であること
5.Emotional  感情が刺激される内容であること
6.Story    物語で間接的にアプローチする

以上の6つのうち特に

Simple    シンプルに情報が要約されていて

Unexpected  ユーザーの予想を超えた意外なアイデア

が大事です

 

POINT=結局何が言いたいの?と思わせない

◆リサーチした情報のうち7割を削り、

『一番伝えたいアイデアをシンプルに』伝える勇気をもつこと

 

◆リサーチしていて予想外・意外な情報のみを

製作物の内容に盛り込むこと

 

伝えたいことがぼやっとした時はどうするか?

 

逆を考える=何かと比較する

 

何と違うのか?どういうコンセプトなの?

を考えると抽象的なアイデアが輪郭を帯びて

具体的になる

 

例:日本は便利だと伝えたい

海外に住んでみて初めて日本の良さを知る

 

・自動販売機があちこちに設置してある

・コンビニが24時間営業してある

・電車が時間通りに来る

・飛行機は基本的に遅延はない

など海外に行ったからこそ見える良さがあります

 

まとめ

ビックアイデアは必須ではありません。

 

情報に溢れ、便利なものに溢れた現代で

新しいアイデア、誰も気づかないアイデアを生み出すことは

至難の業です

 

海外で活躍するコピーライターの中でも

約5%ほどの割合しかビックアイデアを出せる人はいません。

 

ですが、

 

ビックアイデアを生み出し

世の中に衝撃を与えられるコピーを書ければ

自己ブランディングにつながり、

ロングセラーの商品を生み出すことも事実です

 

adhdの異質な創造能力が

誰も気づかないアイデアを生み出せる可能性もあり得ます

 

最後に

面白いNEWSレターを貼っておきます

https://free-adhd.com/wp-content/uploads/2019/10/WSJ.pdf

 

 

では

大変お疲れ様でした

 

コピーライター

檀浦

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました